ソフトバンク、約436万人・約1030万通のメールを誤って削除。迷惑メールフィルターの不具合が原因。9月17日・18日にメールを送った方は届いたか確認が必要

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは21日、「ソフトバンク」通信サービスにおける「S!メール」(MMS)、「Eメール(i)」、そして「ワイモバイル」通信サービスにおけるMMSと「EMメール-S」(MMS)、ケータイ(PHS)用のEメールにおいて「迷惑メールフィルター」を利用している方の内、一部のユーザーにおいて「.co.jp」を含むドメインからの約1,030万通のメールを受信できない事象が発生したと発表した。

対象期間は2018年9月17日10時48分から9月18日9時16分まで。

同社が調査した結果、対象のメールは誤って迷惑メールと判定され、削除されてしまったという。影響を受けたユーザー数は約436万人に及ぶ。厄介なことに削除されたメールは復元できず、具体的にどういったアドレス、どのような件名のメールを削除してしまったか等の詳細も分からない。

そのため、面倒ではあるが、ソフトバンクは17日10時48分から18日9時16分までの間にソフトバンクおよびワイモバイルのメールアドレス向けにメールを送信した方に対して、送信先にメールが届いているかどうかを確認して欲しいと案内している。

通常、迷惑メールフィルターは、蓄積された迷惑メールのデータベースを基に届いたメールが迷惑メールであるかどうかを機械的に判断し、迷惑メールと判定されたメールの受信をブロックする。今回の問題の原因は、そのデータベースへ反映するパターンファイル(迷惑メールかどうかを判別する基準になるデータ)の自動生成時の不具合によるものだという。

同社はこの不具合をすでに修正したということだが、運用監視体制を強化するなど再発防止策の徹底を図るとしている。

また、18日に報告を受けた総務省は今回の件が「電気通信事業法施行規則第58条」に定められた「重大事故」に該当すると判断し、ユーザーに対しての十分な説明と再発防止策をソフトバンクに要請するとともに、30日以内に同省にそれらの取り組みに関しての報告を行うよう求めている。

本件の問い合わせは、下記の電話番号で受け付けられている。

・問い合わせ電話番号:0800-222-0176(通話料無料)
・受付時間:午前9時から午後8時まで

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/迷惑メールフィルターの不具合による特定ドメインからのメールの一部消失についてのおわび
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑