Yahoo!防災速報アプリに「訓練モード」導入。9月5日実施予定の「大阪880万人訓練」に向けて大阪府と共同開発。他の地域在住の方も試せる!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは28日、スマートフォン向けの防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」に新機能「訓練モード」を導入したと発表した。この機能は、9月5日に実施予定の「大阪880万人訓練」に向けて大阪府と共同開発されたもので、自治体の訓練と連動して活用するもの。


大阪880万人訓練は、南海トラフ巨大地震やそれに伴う津波が発生した場合を想定した訓練で、アプリではその際にとるべき行動を確認できる。

まず、この訓練モードは8月28日から9月10日までの間、アプリ内の設定で「大阪府内の市区町村を登録地域としている方」および「位置情報を設定し現在地が大阪府内の方」に向けて公開される。

すなわち現時点では基本的には大阪のユーザー向けの機能だといえる。ただし、大阪府以外に在住の方でも、アプリ内の「地域の設定」を一時的に大阪府の市区町村に設定することで訓練モードを利用できるので、参考までに試してみるのもいいと思う。

災害時に取るべき行動を予め訓練モードを通して確認できるので、大阪880万人訓練だけでなく参考になるかもしれない。

ヤフーでは、この訓練モードを他の自治体が開催する訓練でも活用できるよう各自治体に呼びかけるとともに、アプリの改善に努めていくとしている。

訓練モードでは、緊急地震速報や大津波警報などが通知された場合を想定し、アプリでの通知画面のイメージや、受信時にいる場所別に取るべき行動がイラストやテキストで解説される。避難場所を設問形式で問うコンテンツもある。また、「Yahoo!天気・災害」で提供中の避難場所マップと連携し、自宅や職場、現在地近くの避難場所を確認できる。

訓練に関する知識をまとめて得られる手段は書籍やWebサイト、テレビ番組などさまざまだが、普段身につけるスマートフォンで確認できるのも便利だと思う。


「Yahoo!防災速報」アプリは下記リンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
「Yahoo!防災速報」プロモーションページ
ヤフー/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑