バッファローからWi-Fiルーター新製品「WSR-2533DHP2シリーズ」登場!2.4GHzで最大800Mbps、5GHzで最大1733Mbps。高速CPU搭載でスループット向上!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
バッファローは27日、Wi-Fiルーターの新製品「WSR-2533DHP2シリーズ」を9月下旬に発売すると発表した。WSR-2533DHP2シリーズには2種類のカラーバリエーションが用意され、クールブラックは型番「WSR-2533DHP2-CB」、シャンパンゴールドは「WSR-2533DHP2-CG」で、価格は14,300円(税抜)。


WSR-2533DHP2シリーズは、高速のWi-Fi規格である11acに加え、2.4GHzでは「256QAM」に対応し、さらには4x4アンテナ搭載で、5GHzでは最大1,733Mbps、2.4GHzでは最大800Mbpsでの通信が可能となっている。


4本のアンテナが様々な向きや角度を広くカバーできるため、家の中のどの場所にいても、さらには様々な角度で端末を手にしていても快適な通信ができる。

通信の安定・高速化に寄与する「ビームフォーミング」「ビームフォーミングEX」にも対応する。

また、スマートフォン/タブレットをWi-Fiルーターに接続する際に必要となる設定が手軽な「QRsetup」にも対応する。これは製品に同梱されているカードに記載されているQRコードを読み取るだけでWi-Fiルーターへの接続設定が完了する、というもの。他にも「AOSS」「WPS」にも対応しているので、これらを使ってもワンタッチでの設定が完了する。スマートフォンはもちろん、パソコン、ゲーム機、プリンターなどでも手軽に接続できる。

最近のWi-Fiルーターではゲスト向けの便利なモードや子供向けの利用制限などの面での多機能化を特徴とする機種もあるが、本機でもそうした機能が搭載されている。

例えば、来客者にWi-Fiルーターを使ってもらう場合、アクセスを制限しながらインターネット接続を一時的に提供できる「ゲストポート機能」がある。子供のネット利用を制限できる「キッズタイマー」も搭載されている。さらには有害サイトへの接続をブロックするフィルタリングサービス「i-フィルター for BUFFALO」の60日間無料試用も提供される。

他には、Wi-Fiルーターの買い替え時に便利な機能として、既存のWi-FiルーターからSSIDとパスワードを引き継げる「無線引っ越し機能」もある。

【情報元、参考リンク】
Amazon.co.jp/WSR-2533DHP2ページ
バッファロー/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑