新幹線で無料Wi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」を7月25日より利用可能へ。東海道・山陽・九州新幹線の共通サービス

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、九州旅客鉄道(JR九州)は7月25日よりJR3社による共通Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」を東海道・山陽・九州新幹線の車内で提供開始する。


新幹線での無料の共通Wi-Fiサービスの提供予定はすでに告知されていたが、提供開始日をはじめとする詳細が今回明らかにされた。

7月25日以降、整備完了した車両で順次利用できるようになり、最終的には2020年3月までに東海道・山陽・九州新幹線の全車両で利用可能となる予定。全車両への展開までには1年以上かかることになるが、「Shinkansen Free Wi-Fi」を目にする機会は着々と増えていくはずだ。

「Shinkansen Free Wi-Fi」を利用できる車両には客室内にステッカーが提出される。

<▲図:対応車両に掲出されるステッカーのイメージ>

また、東海道新幹線では「Shinkansen Free Wi-Fi」を利用できる列車をJR東海のWebサイトで案内するという。おそらく実際にサービスの提供が始まれば、Webで確認できる手段は整備されるだろう。

<▲図:JR東海ではWebサイトで対応車両を案内>

さて、そのWi-Fiサービスだが、SSIDはサービス名称中のスペースをアンダーバーで置き換えたもの。すなわち「Shinkansen_Free_Wi-Fi」だ。

メールアドレスの登録、もしくはSNSアカウントを使った認証をすることで利用できるようになる。ただし、大規模災害時には登録不要で誰でも利用できるようにされる。

【情報元、参考リンク】
JR東海/プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑