ヴァンガードがVRシューティング「ACE PHANTOM」の6DoF対応版をGoogle Playで配信開始!頭の前後左右への傾き・首の振り、前後左右・上下の動きに連動

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヴァンガードは6日、VRシューティングゲーム「ACE PHANTOM」6DoF対応版をGoogle PlayでDaydream向けに配信開始したと発表した。


6DoFは「Six Degrees of Freedom」の略で、今回の6DoF対応版とは、VRゴーグルを装着した頭の前後左右への傾きに加えて前後左右・上下への動きに連動することができる、ということになる。

3DoF版では頭の前後左右への傾きと首の振りによる操作のみだが、6DoF版では移動可能範囲が広がり、より自由自在に飛び回ることができるようになっている。

ACE PHANTOMは、可変型の戦闘機「PHANTOM」を操縦して360度迫り来る敵を撃破し、任務を遂行していくVRシューティングゲーム。

PHANTOMに内蔵された戦闘補助AIと共に様々な任務をこなしていく。



PHANTOMは可変型で戦闘機形態と人型形態を切り替えることができる。戦闘機形態では敵をロックオンしてミサイルを撃つことができ、人型形態では巨大なレーザーで敵を一掃できる。また、戦闘機形態では視点が3人称視点になり、人型形態では1人称視点での操作になる。

また、3DoF版よりも自由度が上がったことで人型形態での回避行動も可能となっている。

【情報元、参考リンク】
ヴァンガード公式サイト
Google Play/Daydream

©VANGUARD CO.LTD. All Rights Reserved.
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑