ドコモが360度8KのVRライブ映像配信・視聴システムを開発。ドコモ5Gオープンラボ Yotsuyaで展示へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は26日、世界初となる360度8K-VRライブ映像の配信・視聴システムを開発したと発表した。このシステムを使うことで、スポーツや音楽のライブイベントなどをリアルタイムで360度8K-VR映像として撮影・配信できるようになるという。


このシステムは「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画している企業・団体(1,503団体)向けに提供される常設5G技術検証環境である「ドコモ5Gオープンラボ Yotsuya」において展示される予定。

360度8K映像の配信に必要な映像合成や圧縮をリアルタイムに行うには、演算処理の負荷が4Kの4倍と非常に高く、ソフトウェアで実現することは困難だったという。

そこで、高い処理能力を持つFPGA(Field Programmable Gate Array)を採用し、さらに高負荷演算をFPGAに合わせた形でアルゴリズムを入念に検討し、高密度実装開発することで、映像の合成や圧縮をリアルタイム処理(30fps)できるようになる。

また、配信された映像をヘッドマウントディスプレイで視聴するにあたり、360度8K映像を複数の切り出し映像に分割し、視聴方向だけの映像を再生することで、再生にかかる処理負荷を下げるパノラマ超エンジンエンコーダーについても、ライブ配信向けにリアルタイム動作が可能となるようにアルゴリズムを工夫したエンコーダーとして開発したという。

スポーツのVR映像での体験は非常に素晴らしく、それが解像度の高い映像で、かつ歪みも少ないものであれば、有料コンテンツであっても購入したくなるほどなので、ドコモらが研究開発している高解像度のVR映像のライブ配信技術の今後が楽しみだ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑