Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

メルカリが語学・習い事などの個人スキルのマッチングサービス「teacha」(ティーチャ)を来春提供へ

フリマアプリ「メルカリ」を手掛けるメルカリは12日、姉妹アプリとして「teacha(ティーチャ)」と名付けたサービスを2018年春をめどに提供開始すると発表した。このサービスは、「教えたい方」と「学びたい方」を繋げる個人スキル/知識のマッチングサービス。サービスの運営自体はメルカリのグループ企業であるソウゾウが担当する。


正式提供は来春だが、同社は12日にティザーサイトを公開し、「教えたい方」「学びたい方」の事前登録の受付、パートナー企業・地方自治体の募集を開始している。関心がある方はチェックしてみよう。

より具体的に説明すると、ティーチャは、何らかの教えられる知識やスキルを持っている人と、何かを学びたいと考えている方を結びつけるプラットフォームとなるようだ。

想定している知識やスキルの分野は語学、プログラミング、料理、音楽、スポーツ、アウトドア、ハンドメイド、各種資格などとなるようだ。

ティーチャではこれらの分野で教えたい人と学びたい人をマッチングし、1時間単位から実際の習い事を始めることができるようになるという。

今回の事前登録では、このマッチングサービスに関心がある方の登録を求めている。また、事前登録した方には、来春の一般公開前に先行して招待制でのサービス提供も行われる見込み。

パートナー企業・自治体を求めているというのは、学びの場となるスペースの提供などに関して、となる。また、生涯学習の推進を検討している地方自治体等も募集している。いずれにしても、こうした学びの場の提供などに関心がある企業や自治体はサービスをチェックしてみよう。

【情報元、参考リンク】
teacha公式サイト

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件