Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

WiMAX 2+が下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsに速度アップ!!

UQコミュニケーションズは24日、都内で新商品・新サービス発表会を開催し、「UQ WiMAX」と「UQ mobile」双方において新商品と新サービスが発表されたが、WiMAX 2+匂いてはNECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」がお披露目された。

<▲図:WiMAX 2+も下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsに高速化され、
WX03でそれを享受できる>

このWX03の大きな特徴は下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsに対応すること。このことからも分かるように、WiMAX 2+は速度が上がる。下り(受信)速度は最大440Mbps、上り(送信)速度は最大30Mbpsだ。

下りに関しては、基地局側と端末側、双方で4つのアンテナで同時通信を行う「4x4 MIMO」、そして複数の周波数帯で同時通信を行う「キャリアアグリゲーション」、2つに同時対応することで実現している。そのため、それぞれ単独対応だった時の下り最大220Mbpsの2倍となる。

上りはこれまで最大10Mbpsと、やや物足りない印象だったが、3倍の30Mbpsに引き上げられるので、かなり嬉しい進化と言えそうだ。こちらは上り回線にもキャリアアグリゲーションと、「64QAM変調方式」を導入することで実現する。

では、いつから利用できるようになるのか? というと、12月上旬から一部エリアを皮切りにスタートする。要するにWX03の発売に合わせてだ。

下り最大440Mbpsに関しては、東名阪エリア(東京・名古屋・大阪)からのスタートとなる予定で、具体的な利用可能エリアは、公式サイトで随時公開される予定。


また、WX03に関してはこちらの記事を参照してほしい。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
UQ WiMAXオンラインショップ
So-net モバイル WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX2+
BIGLOBE WiMAX 2+

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件