Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ドコモとIPI社、自動で対話を行うボットを手軽に作成できる「Repl-AI」をトライアル提供開始

NTTドコモ(以下、ドコモ)とインターメディアプランニング株式会社(以下、IPI社)は22日、ドコモの「自然対話プラットフォーム」を活用し、自動で対話を行うボットを手軽に作成できる「Repl-AI(レプルエーアイ)」サービスを共同開発し、21日からトライアル提供したと発表した。

<▲図:編集ツール画面イメージ>

トライアル提供は6月末まで無料で行われ、期間中に得られたフィードバックをもとに改善し、7月より月額数千円から1万円程度での商用提供に移行する予定。

最近ではAIを搭載した自動対話サービスが少しずつ注目を集め始めているが、このRepl-AIでも同様のサービスを提供できるようになる。

グラフィカルに対話の流れや文章を編集可能なツールを利用してボットを作成できるので、プログラミング技術も不要。作成したボットはクラウド上に保存され、スマートフォンやパソコンなどで動作するアプリと連携させた対話サービスとしての提供が可能となる。

このサービスでは、シナリオ対話機能によって、登録した文章とユーザーが実際に話した言葉に多少の表現の違いがあった場合でも対話を続けることができることも特徴。さらに、ボットとの対話を通じてユーザーの名前や趣味、年齢など、任意の情報を記憶し、その情報をもとに対話を継続することもできる。

そして、雑談対話機能も搭載されているので、文章を登録していなくても、対話が途切れることなくサービスを即時開始することもできるという。

【情報元、参考リンク】
Repl-Ai公式サイト
インターメディアプランニング

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件