博多駅地下街でWiMAX 2+が利用可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは17日、福岡県の博多駅地下街において「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したと発表した。博多駅地下街は以前より「WiMAX」のエリア整備は済んでいたが、今後はWiMAX 2+による高速通信も可能になった。

説明を追加

WiMAX 2+に対応したモバイルWi-FiルーターやUSBデータ通信機器などはもちろん、WiMAX 2+に対応したauスマートフォンなどで利用できる。

地下街のエリア整備については、東京都の京急ショッピングプラザ ウィング新橋、愛知県のエスカ地下街もWiMAX 2+のエリア整備が済んでいる。他の大規模な地下街についても今後エリア整備されるものと思われる。

また、現在、WiMAX 2+ではキャリアアグリゲーションのエリア拡大も進められており、対応エリアでは「Speed Wi-Fi NEXT W01」で下り最大220Mbpsの通信が可能となっている。一方、「4x4 MIMO」のエリア対応は既にほぼ済んでおり、WiMAX 2+エリアのほとんどで「Speed Wi-Fi NEXT WX01」を使って下り最大220Mbpsのサービスが利用可能な状況となっている。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑