Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

U-mobile、音声通話対応SIM、スマホ「Ascend G6」などを販売開始。MNP転入も対応開始

U-NEXTは1日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を利用した格安通信サービス「U-mobile」において、音声通話に対応したSIMカードの販売を開始した。あわせて、MNPによる転入に対応開始した。これにより、他社で使用中の携帯電話番号をU-mobileで継続使用する形で契約することも可能だ。

Ascend G6

また、ファーウェイ製のSIMフリーAndroidスマートフォン「Ascend G6」の取扱いも開始している。

まずは音声通話に対応したSIMカードだが、サイズは標準、micro、nanoの3サイズが用意される。登録事務手数料は3,000円で、基本プランは2種類。ダブルフィックスプランとスタンダードプランで、ダブルフィックスプランはデータ通信が1GB以下の場合は月額1,660円、1GB超の場合は月額2,960円、スタンダードプランは3GB以下で月額1,980円となっている。

音声通話の料金は30秒あたり20円だ。

オプションとしてキャッチホン(月額200円)、留守番電話(月額300円)、転送電話(無料。ただし、転送指定先への通話料金は発生する)、国際ローミング(無料。ただし、別途通話料金は発生する)、国際電話(無料。ただし、別途通話料金は発生する)が用意されている。

また、データ通信の追加チャージは100MBが300円、500MBが500円、1GBが800円となっている。

なお、最適利用期間は6ヶ月間で、途中解約した場合は違約金が6,000円発生する。

音声対応SIMカードとスマートフォンのセット販売については、端末はファーウェイ製のAscend G6とfreetelのprioriの2種類から選べる。

Ascend G6の場合は、端末代含んで2年間の割賦利用の場合、ダブルフィックスプランでは月額2,902円から、スタンダードプランでは月額3,222円からとなる。prioriの場合はダブルフィックスプランが2,110円から、スタンダードプランが2,430円からだ。

【情報元、参考リンク】
U-mobile

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件