ソフトバンク、夏モデルAQUOS Xx 304SHを5月23日発売。3辺狭額縁、メタルフレームデザインで全部入り

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
AQUOS Xx 304SH
ソフトバンクモバイルは19日、夏モデルのシャープ製スマートフォン「AQUOS Xx 304SH」を23日に発売すると発表した。ソフトバンクモバイルはNTTドコモ、KDDI(au)と異なり、夏モデルの新製品発表会を開催せず、各機種の準備が整い次第順次発表する方針を示しており、今のところ公開されている夏モデルはこのAQUOS Xx 304SHだけだ。

AQUOS Xx 304SHは上辺、左辺、右辺の3辺が狭額縁の「EDGEST」デザインが大きな特徴。それに加えて、メタルフレームも特徴だ。

質感の高いアルミ製のメタルフレームを採用したことで、高級感を出すことに成功している。

ディスプレイは省電力性能に優れる「IGZO」液晶だが、バックライトが改善されている。新開発の「PureLED」と、高い透過率を誇るカラーフィルターを採用することで、明るく、色域の広い表現を可能としている。

バッテリー容量は2,600mAhで、本体サイズは約72×135×9mm、重さは約137g。

カラーは左からプレシャスゴールド/ホワイト/ブラック/レッド

OSはAndroid 4.4で、プロセッサはQualcomm MSM8974ABクアッドコア2.3GHz、メモリは2GB RAM、32GB ROM、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)、Bluetoothは4.0に対応し、通信はW-CDMA(900MHz、2.1GHz)、FDD-LTE(900MHz、1.7GHz、2.1GHz)、AXGP(2.5GHz)、GSM(900MHz、1800MHz、1900MHz)に対応する。

赤外線通信、IPX5/7相当の防水、NFC、おサイフケータイ、ワンセグ、フルセグにも対応する。

メインカメラは有効画素数は約1,310万画素、F値1.9のレンズ、サブカメラは約210万画素となっている。

今夏のスマートフォンでは数機種で採用されている「リアルタイムHDR」をAQUOS Xx 304SHも搭載する。通常、HDR処理後の画像はシャッターを押して撮影した後にしか確認できないが、リアルタイムHDRでは撮影前から画面上でHDR処理後の状態を表示してくれるので、HDRをオンにした場合にどのように変化するのかを予め確認することができるので便利だ。

なお、ソフトバンクオンラインショップではMNPの場合は実質負担額0円で販売している。新規契約、機種変更の場合は実質負担額は異なる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/AQUOS Xx 304SH製品紹介ページ

【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑