ソニー、USBポータブル電源「CP-V4」と「CP-V3A」を4月19日発売へ。約1000回充電可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーは11日、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を充電することのできるUSBポータブル電源「CP-V4」シリーズと「CP-V3A」シリーズを発表した。発売は4月19日の予定。

CP-V4

CP-V4シリーズは3,800mAhのバッテリーを内蔵した製品で、スマートフォンを機種にもよるが、約1.5回分充電することができる。ボディの厚さが約9.8mmと薄いフラットデザインを採用し、スマートフォンとあわせて持ち運ぶ際に鞄などへ収納しやすい。

また、この内蔵バッテリーは約1,000回繰り返し充電することができる。約500回程度の製品と比べると約2倍のライフを持つため、コストパフォーマンスにも優れる。内蔵バッテリーの残量はLEDで4段階表示してくれる。

出力は最大5V/1.5Aだ。カラーはブラックとホワイトの2色。

一方のCP-V3Aは3,000mAhのバッテリーを内蔵するモデル。従来モデルと比べて同体積・同質量ながら内蔵バッテリー容量が7%増量したことになる。

CP-V3Aはカラーバリエーションが豊富

デザインはCP-V4と異なるが、繰り返し充電回数が約1,000回であること、LEDによって残量を4段階で表示してくれること、出力が最大5V/1.5Aであることは共通した仕様だ。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、オレンジ、ブルー、ピンクの5色。

【情報元、参考リンク】
ソニー/USBポータブル電源製品紹介ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑