LINEで東日本大震災の復興支援スタンプ「3.11こどもスタンプ」の販売開始。応募総数6千点以上から24作品を選出

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは11日、同社が運営する無料通話・無料メールアプリ「LINE」において利用することのできる、東日本大震災の復興支援スタンプ「3.11こどもスタンプ」の販売を開始したと発表した。

「3.11こどもスタンプ」

LINEのアプリを起動し、「スタンプショップ」へアクセスすればデザインを確認の上、購入できる。価格は100円(50コイン)で、売上は、「子どもまちづくりクラブ」をはじめ、東北の子どもたちが復興に向けた街作りに取り組む活動をサポートするため、子ども支援の国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに全額寄付される。

また、スタンプはPCまたはスマートフォンからLINEウェブストアへアクセスしても購入できる。

配信されている「3.11こどもスタンプ」は、東日本大震災の被災地復興支援を目的として、被災地(福島県・宮城県・岩手県・青森県・茨城県)の中学生以下を対象に、「友だちや家族、先生など、大切な人に送りたいスタンプ」をテーマに募集した6,000点以上のイラストの中から、審査を通過した受賞作品24作品をスタンプ化したものとなる。

全24作品は上図を参照してほしいが、一部受賞作品と、受賞者がスタンプに込めた想い・エピソードを紹介したい(プレスリリースより)。



震災時には、多くの方々が津波で亡くなりました。僕の大好きだった、おじさんもその一人です。亡くなられた方々へ、残された僕達が小さなことから始める復興の誓いと沢山の支援をしてくださっている方々への感謝の気持ちを込め、幸せを運ぶイルカのイラストを描きました。海と大地と共に、皆が幸せになることを心から願っています。多くの方々に、幸せイルカのスタンプを使ってほしいです。
(宮城県 12歳)



震災で避難していた女の子が、飼っていた犬と離ればなれになってしまったという話を聞いて、「また一緒に暮らせるといいな」と思い、この絵を描きました。
(福島県 12歳)



みんなが笑顔(smile)でいて欲しい。震災の時に助けてくれた人へのありがとう(Thank you)を込めました。
(茨城県 12歳)



福島の小学校や保育園に、いろいろな寄付を日本や世界のみんながしてくれたので、ありがとう!
(福島県 10歳)

【情報元、参考リンク】
LINEウェブストア
LINE/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑