Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ドコモ、1.5/1.7/2GHzに対応し、下り最大150Mbpsの通信が可能な屋内基地局装置・アンテナを開発

NTTドコモ(以下、ドコモ)は21日、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯の周波数帯に対応したマルチバンド対応屋内基地局装置と屋内アンテナを新たに開発したと発表した。

左が新開発の基地局装置。右が従来の装置。

既に対応していた2GHz帯に加えて、1.5GHz帯と1.7GHz帯をサポートすることで、屋内エリアでの通信容量を大幅に増やすことが可能なうえ、速度面でも下り最大150Mbpsに対応でき、よりよいネットワーク環境の構築ができる。

今回開発された屋内基地局装置はひとつの装置で3つの周波数帯に対応する。さらに、屋内アンテナも同じようにマルチバンド対応だ。アンテナは従来のものとそれほど変わらないサイズなので、新たに広いスペースを確保する必要もなく、従来のアンテナと置き換えることができる。基地局装置もそれほどサイズアップしていないので、設置スペースの問題は特になさそうだ。

速度について、下り最大150Mbpsに対応すると述べたが、将来的にはLTE-Advancedのサービスに必要な装置と組み合わせることで、下り最大225Mbpsも実現できる。

なお、従来の屋内基地局装置は対応周波数は2GHzのみで、サイズは約250×297×88.7mm、重さは約4.2kg、新型は前述したとおり1.5/1.7/2GHzに対応し、サイズは約340×358×100mm、重さ約7.6kgとなっている。

ドコモはこの新しい装置とアンテナを21日より順次設置していく。

左が新型、右が旧型。新型は150×150×40mm、旧型は130×130×40mm。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件