ドコモ、spモードをクラウド化し、スマホやタブレット、PCなどからも利用可能とする「ドコモメール」を10月24日より提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は10日、既存のスマートフォン向けメールサービスである「spモードメール」をクラウド化し、操作性を向上させた新メールサービス「ドコモメール」を10月24日午前9時より提供開始すると発表した。

Android向けドコモメールアプリのイメージ

ドコモメールは当初、2013年1月に提供開始予定だったが、品質改善のため、延期されていたが、今回ようやく登場することになる。

このドコモメールのAndroid版アプリでは、従来のspモードメールアプリの画面構成を完全に刷新し、メールの作成や閲覧、検索などが使いやすいよう操作メニューを設計している。また、メール一覧画面で本文の一部を表示したり、詳細画面で添付写真の縮小表示等、1画面で必要な情報が確認できるよう改善されている。

spモードメールアプリではこれら操作性のほか、動作速度なども不満点として挙げられていたが、今回のドコモメールでは動作速度も改善されている。

さらに、ドコモメールの大きな特長として、クラウド化がある。

クラウド化、そして11月以降に「docomo ID」に対応することで、ドコモの回線契約がない2台目以降のスマートフォンやタブレット、PC等のウェブブラウザからも同一のメールアドレスのメールを利用することが可能となる。

しかも、今年度中にIMAP対応も行われるので、PCやスマートフォン向けのメールアプリからも同一メールアドレスのメールのやり取りが可能となる。

実際、クラウド化によるマルチデバイス対応やIMAP対応によって、「@docomo.ne.jp」のメールアドレスはかなり便利になりそうだ。また、アプリ自体、既存のspモードメールアプリよりも明らかに使いやすそうなため、ようやくspモードメールの不満の多くが解消されることになるはずだ。

なお、iPhone向けのspモードメールは12月中旬にドコモメールに対応予定となってる。

Android向けアプリの対応機種は24日時点で以下の14機種。今後順次拡大予定。
  • G2 L-01F
  • ARROWS NX F-01F
  • Xperia Z1 SO-01F
  • Xperia A SO-04E
  • Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E
  • GALAXY S4 SC-04E
  • ARROWS NX F-06E
  • Disney Mobile on docomo F-07E
  • AQUOS PHONE ZETA SH-06E
  • AQUOS PHONE si SH-07E
  • AQUOS PAD SH-08E
  • Optimus it L-05E
  • MEDIAS X N-06E
  • ELUGA P P-03E

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑