Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

Apple、iPhone 5cと5sを発表。国内ではドコモ、KDDI、ソフトバンクから9月20日に発売へ

米Appleは米国時間10日、「iPhone」の新モデルを2機種発表した。「iPhone 5c」と「iPhone 5s」だ。そして、同社は日本市場において、NTTドコモ(以下、ドコモ)からも販売されることを明らかにした。この結果、国内ではドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3大キャリア全てがiPhoneを扱うことになる。

iPhone 5s

ドコモがiPhoneを販売するとの噂は過去を振り返れば、去年も一昨年もあったことだが、今回ようやく実現したことになる。

今夏「ツートップ」と称し、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia A」とサムスン電子製スマートフォン「GALAXY S4」を推したドコモだが、今後は各社のAndroidスマートフォンに加えてiPhoneもラインナップすることになる。

これまでAndroidスマートフォンで戦ってきたドコモが、今秋・今冬以降に全体的な端末ラインナップをどのようなバランスで構成していくのか注目となるが、まずはiPhone 5c/5sの販売に最大の関心が集まるはずだ。一体どのキャリアのiPhone 5c/5sが最も売れるのか? そして、各社がどのような販売施策を打ち出すのか? 気になるところだ。

なお、iPhone 5cはホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンの5色のカラーバリエーションが用意されるポップなデザインが特徴的な廉価版モデルで、内蔵ストレージ容量は16GBと32GBから選べる。

iPhone 5c

iPhone 5cのカラーバリエーション

一方のiPhone 5sは過去最高スペックの最新iPhoneで、64bitアーキテクチャのA7チップを搭載し、一段と高性能化している。さらに、ホームボタンが単なるボタンから、指紋認証センサー搭載のボタンに変わり、指紋認証でロックを解除したり、iTune StoreやApp Storeでのコンテンツ購入時の認証も指紋認証でできるようになった。従来はパスワードを入力する方法だけだったため、よりスマートな形となり、セキュリティ面も強化されたことなる。

また、カメラにはF2.2のレンズを採用し、暗い場所などでも今まで以上に撮りやすくなっているようだ。さらに、1秒間に10回の連続撮影を行う連続バーストモードを搭載するなど、カメラアプリの機能面でも改善がなされている。

ソフトウェア面で注目の話題としては、「Pages」「Keynote」「Numbers」といったApple製オフィスアプリが無料で使える点が大きい。「iPhoto」「iMovie」も同様にApp Storeから無料でダウンロードできる。

iPhone 5sの内蔵ストレージ容量は16GB、32GB、64GBから選択可能で、ボディサイズは約123.8×58.6×7.6mm、重さは約112g、カラーバリエーションはスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色となっている。シルバーはiPhone 5におけるホワイトモデルとほぼ同じカラーデザインだが、ゴールドとスペースグレイは完全な新色となる。そして、完全なブラックモデルはiPhone 5Sには無い。

iPhone 5sのカラーバリエーション

【情報元、参考リンク】
Apple/iPhone

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件