ドコモのXiの契約数が1500万を突破

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は2日、同社が提供する高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」の契約数が7月30日に1,500万を突破したと発表した。

Xiの契約数推移

XiはLTE規格の高速通信サービスで、現在は下り最大112.5Mbpsにまでグレードアップしている。今後は、10月に下り最大150Mbpsのサービスが東名阪の一部エリアから提供開始となる予定で、さらなる速度向上、通信品質の改善が期待されている。

契約数はXiのサービス提供開始から約1年後の2011年12月25日に100万を突破し、その後はサービスエリアの拡大、対応機種の増加に伴い、徐々に契約数を伸ばし、この1年に関しては特に増加速度が上がってきている。

1,000万契約を突破したのは今年の2月18日であり、それからわずか半年弱で500万契約を上乗せしたことになる。

ドコモは、今夏モデルのスマートフォンを5月に販売開始し、なかでも「Xperia A」と「GALAXY S4」を特別価格で提供するなどの各種キャンペーンを促進したことも契約数の増加に寄与したとみているようだ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑