KDDI、普通のテレビをスマートTVに変えるスティック型Android端末「Smart TV Stick」を2月中旬以降に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Smart TV Stick本体とリモコン
KDDI、沖縄セルラーは15日、既存のテレビを手軽にスマートTVに変えるスティック型のセット・トップ・ボックス「Smart TV Stick」を2月中旬以降に発売すると発表した。

Smart TV Stickは、OSにAndroid 4.0を採用した小型端末で、Androidアプリや映像サービスなどを一般のテレビで手軽に楽しめるようにする。テレビがスマートTVもしくは大画面のスマートフォンのようなものに早変わりする機器で、例えばウェブサイトの閲覧や映像サービスやゲームなどのアプリを楽しむことができるようになる。

テレビにはスティック型のSmart TV Stick本体を装着し、操作は付属の専用リモコンもしくはリモコンアプリをインストールしたスマートフォンから行う。本体はテレビのHDMI入力端子に取り付け、ネットワークは本体内蔵のWi-Fi(無線LAN)機能を利用し、家庭内のWi-Fiネットワークなどに接続して利用する。

利用イメージ

Smart TV Stick向けにいくつかのアプリがリリース予定だ。

映像系ではビデオパス、YouTube、niconicoなど、音楽・ラジオ系ではうたパス、LISMO WAVE、radiko.jpなど、情報系ではauヘッドライン、ウェザーニュースなど、生活系ではauショッピングモール、ニッセンスマートカタログなど、安心系ではウイルスバスター for au、健康系ではKarada Manager for TV、au Smart Sports Fitnessなど、学習系ではキッズひろばなど、となっている。

さらに、auスマートパスから好みのアプリをダウンロードすることができる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/Smart TV Stickについて
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑