WiMAXがさっぽろ地下街ポールタウンで利用可能へ。オーロラタウンも12月下旬以降順次対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは14日、同日より北海道札幌市のさっぽろ地下街ポールタウンにおいてWiMAX通信サービスが利用可能になったと発表した。また、隣接するさっぽろ地下街オーロラタウンでも12月下旬より順次利用可能になる予定。

さっぽろ地下街ポールタウン

さっぽろ地下街は、東西312mに渡るオーロラタウンと南北400mに渡るポールタウンの2つのストリートから構成され、1日に約15万人が訪れる地下街となっている。

UQコミュニケーションズは全国の主要地下鉄、地下街など地下におけるエリア拡充にも取り組んでおり、今年は多くの地下エリアでWiMAXが使えるようになってきている。

今回のエリア整備により、さっぽろ地下街でもWiMAXに対応したモバイルWi-Fiルーター、スマートフォンやタブレット、パソコンなどで快適なインターネット通信ができるようになるため、さっぽろ地下街の利用者にとっては利便性が向上することになる。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑