京成線の地下駅でもWiMAXが利用可能へ。また、スカイライナーと京成線各駅で公衆無線LANサービス(au Wi-Fi SPOTとWi2 300)を提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スカイライナー(AE形)
UQコミュニケーションズは13日、京成電鉄が運営する京成線の地下駅3駅のうち京成上野駅、大森台駅におけるWiMAXサービスのエリア整備が完了したと発表した。さらに、押上駅についても2013年1月末までにエリア整備を進めていく予定としている。

京成線については、屋外設置された基地局によって、地下駅を除く駅構内や列車内においては、すでにWiMAXを利用することができていた。

しかし、地下駅に関してはこれまではWiMAXが利用できず、ユーザーにとっては不便な状況だったが、今回のエリア整備によってそれが解消される。

さらに、京成電鉄は12月21日からスカイライナー(AE形)の車両及び京成線各駅において公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」(KDDIが運営)と「Wi2 300」(ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営)を導入する。この公衆無線LANのアクセスポイントのバックホール回線にWiMAXが採用されている。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑