Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ドコモ、しゃべってコンシェルの技術を応用した音声操作機能をカーナビアプリ「ドコモ ドライブネット」で12月5日より提供へ

NTTドコモ(以下、ドコモ)とパイオニアは4日、端末に話しかけるだけで様々な情報を教えてくれるドコモの音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」の技術を応用した自動車向けの音声意図解釈技術を共同開発したと発表した。両社はこの技術と関連コンテンツを共同で開発し、提供することにおいて協業する。

ドコモ ドライブネットの新機能の利用イメージ

そして、翌5日よりドコモはスマートフォン・タブレット向けのカーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」において、目的地検索やカーナビの操作を音声で指示できる新機能を追加する。

新機能では「ペットと入れるレストラン、ない?」や「○○に行きたい!」、「聞こえない!」、「車どこに停めたらいい?」などの音声入力でカーナビの操作ができる。

この機能を利用するには、Android 4.0以上のOSとspモード契約が必要になるが、「GALAXY SII」「GALAXY NEXUS」「らくらくスマートフォン」では利用できない。

今回開発された技術は、ドコモの「しゃべってコンシェル」の音声認識技術・意図解釈技術と、パイオニアの自動車向けコンテンツ配信技術、運転環境における操作・機能の利用動向データを組み合わせ、自動車向けに独自に最適化された音声意図解釈技術だ。

両社は今後も関連する技術・コンテンツ等の開発に取り組んでいく。

自動車向け音声意図解釈技術の利用イメージ

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件