ドコモの公衆無線LANサービスが新たに約5千か所で利用可能へ。そごう、セブン-イレブン、ロッテリア、ラシックなど

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は10日、同社が提供している公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」の新規スポットを公式ウェブサイト上で案内した。同社はdocomo Wi-Fiのページにおいて、新規サービスエリアを随時公開しているが、今回の新規エリアは計4,985箇所に及び、一気に多くの場所で利用可能になった。

北海道から九州まで広いエリアで鉄道の駅、バスのロータリー・ターミナル、商業施設、カフェ、コンビニなどでエリアが増えている。

具体的にはセブン・イレブン各店、モスバーガー各店、ローソン各店、イトーヨーカドー各店、ロッテリア各店、ドコモショップ各店、そごう各店、ケンタッキーフライドチキン各店など。

詳細は下記リンク先のページで確認してほしい。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/docomo_wifi/area/new/index.html

また、既存のエリアは下記ページから検索することができる。現在のサービスエリアは約64,300箇所、約79,400のアクセスポイントとなっている。
http://sasp.mapion.co.jp/b/docomo_wifi/

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/docomo Wi-Fi/新規サービスエリア
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑