Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

【取材レポート】 マイクロソフトとドコモの協業に関する発表会。法人向けにWindows 8タブレットとXiで協力。Windows Phone 8への言及も

左から順に日本マイクロソフト代表取締役社長 樋口泰行氏、
NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏。
11月1日、都内で日本マイクロソフトとNTTドコモによる法人向けタブレット市場に向けた取り組みに関する共同記者発表会が行われた。

Windowsのもつアプリケーション資産やセキュリティーと、タッチ操作が可能となったWindows 8タブレットに、高速通信サービスである「Xi」を組み合わせ、法人向け市場の開拓にフォーカスする。

2社による法人向けタブレット市場開拓における協業の三本柱は「共同顧客開拓、営業の展開」、「共同プロモーション」、「パートナーソリューション共同開拓・連携」とされている。

法人向けタブレット市場開拓の三本柱

日本マイクロソフト代表取締役社長の樋口泰行氏

壇上にはまず、日本マイクロソフト代表取締役社長の樋口泰行氏が登壇し、Windows 8と法人向けタブレットのニーズについて語った。

10月26日に全世界で発売開始となったWindows 8が好評を得ており、パートナー13メーカーから250機種以上の様々なデバイスが登場する。これらのデバイスはコンシューマー市場だけではなく、大手の法人からも期待をされており、引き合いは既に100社を越えると冒頭で触れられた。しかも、その内の半数が現行のタブレット端末を検討していたが、それをストップしてWindows 8を選んだということだ。

法人タブレット市場(写真=左)と法人におけるWindows 8のワークスタイルの再創造(写真=右)

法人のタブレット利用というと、いわゆる現場での使用となる対面販売でのカタログの案内や、在庫管理など幅広い用途があるが、基幹業務のためには別途ネットワークにつながるPCが必要になるなど、セキュリティーポリシーの面やアプリケーションの面でも、PCとの2台持ちをする必要があった。「法人の中で新たなタブレット用途をカバーしつつ、既存アプリ、企業ITとの繋がり、情報部門での管理性、しっかりとしたセキュリティーという面から法人タブレットというニーズを理想的にカバーするソリューションがWindows 8である」と、Windows 8の立ち位置を示した。

マイクロソフトの役割と協業の意義について

NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏

続いて、NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏が登壇し、モバイルでPCとタブレットを使いたいという時に適した新しいOSがWindows 8であり、それに加えて高速通信サービスであるドコモのLTE Xi、その二つの組み合わせがより多くの顧客に利便性を提供でき、より快適なビジネス環境を簡便に構築できるものと確信していると、今回の提携について語った。

さらに今後、法人タブレット市場は年間20%の成長が見込まれており、こういった機会にWindows 8が登場したことにより、この市場が更に活性化し、拡大・加速させる大きなインパクトを持つと考えていると、Windows 8タブレットについて語った。これには、Windows 8の持つ操作性の良さと豊富なバリエーション、オフィスで使っているWindowsとの親和性の高さ、現在法人が持っているWindowsの資産を有効に活用できるという2つの点が強みであると、その背景を示した。

法人向けタブレット市場の拡大と、多様化する顧客のニーズにはWindows 8の多彩な端末バリエーションが強みとなる

このWindows 8とXiの組み合わせの登場は、タブレット市場をさらに拡大させる絶好のタイミングであると提携の経緯をまとめた。

新たな法人タブレットマーケティングの形成と拡大、業界全体のビジネスチャンス創出を狙う

Windows 8やXiのサービスだけではなく、顧客のニーズに合うようパートナー企業との協力を密にしてデバイスやシステムソリューション開発などのエコシステムを推進することで、業界全体のビジネスチャンスの創出にもチャレンジしていきたいと語られた。

こうした法人市場の動きはマス市場にも広がっていくと考え、Windows 8端末を活用したいというニーズに応えながら様々な検討を行っていきたいとした。加藤氏は、Windows Phone 8についても言及した。Windows Phone 8も大変注目されているとし、ドコモとしてもスマートフォン市場が拡大し、顧客のニーズが多様化していく中で、Windows Phone 8の需要が高まる可能性が大いにあるとみている。ただし、導入についてはWindows 8を含めた市場動向や要望を注視して検討していきたいと述べた。

(編集部後記)
Windows Phone 8については、10月に開催された通信各社の新商品発表会において質疑応答の中で今後のリリース予定に関する質問がなされていたものの、いずれも具体的な計画についての回答はされなかった。この日の発表でも同様だ。あくまでも、状況を見つつ検討していく、とのコメントにとどまっている。

(記事:mi2_303

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
GAPSIS/ドコモ、日本マイクロソフトと法人向けタブレット市場開拓に関して協業へ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件