ドコモ、Xperia SO-01B、GALAXY SIII SC-06D、ELUGA V P-06D向けにソフトウェア更新の提供を開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は30日、Android(アンドロイド)スマートフォン3機種に対して最新のソフトウェア更新の提供を開始した。ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia SO-01B」、サムスン電子製「GALAXY SIII SC-06D」、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「ELUGA V P-06D」の3機種だ。

左:Xperia、右:GALAXY SⅢ

まず、Xperia向けのソフトウェア更新では、microSDXCカードを差し込んだ際にmicroSDXCカード内のデータが破損される問題が解消される。ソフトウェア更新は端末単体もしくはパソコンを使って行うことができる。

次にGALAXY SIIIだが、こちらも不具合修正となる。ブラウザで特定のサイトを閲覧している際に、正常に画面遷移しない場合があるという事象が改善される。やはり端末単体もしくはパソコンを使うことでソフトウェア更新を導入できる。

最後にELUGA Vだが、特定の動画ファイルを再生しようとすると、エラー画面が表示されて再生できない場合がある、という事象が改善される。ELUGA Vは自動更新に対応しているので、新しいソフトウェアは自動ダウンロードされ、あらかじめ設定された時間(標準設定では午前2時から5時)になると書き換えが行われる。

ELUGA V

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/Xperia SO-01Bの製品アップデート情報
NTTドコモ/GALAXY S III SC-06Dの製品アップデート情報
NTTドコモ/ELUGA V P-06Dの製品アップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑