Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ドコモ新機種「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」。スマホ/タブレットにおいて世界最大の有機ELディスプレイが魅力

NTTドコモ(以下、ドコモ)とサムスン電子ジャパンは28日、ドコモ向けAndroid(アンドロイド)タブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を10月から11月をめどに発売すると発表した。

GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E

GALAXY Tab 7.7 Plusはスマートフォンやタブレットにおいて世界最大サイズとなる約7.7インチの高精彩有機ELディスプレイ(SUPER AMOLED PLUS)を搭載する点が大きな魅力のタブレットだ。

「GALAXY」シリーズのスマートフォンは有機ELディスプレイを搭載しているが、タブレットに関してはこれまで液晶ディスプレイのみで、今回登場するGALAXY Tab 7.7 Plusが初の有機EL端末となる。

有機ELディスプレイならではの明るく美しい表示性能を大きなディスプレイで楽しむことができ、解像度も1280×800と高い。

ボディサイズは約197×133×7.9mmで、重さは約345gだ。10インチクラスのタブレットと比較すると軽く小型で、持ち運びしやすい。

主な仕様を確認すると、OSはAndroid 4.0(開発コード「Ice Cream Sandwich」)で、プロセッサはQualcomm APQ8060 1.5GHzデュアルコア、内蔵メモリは1GB RAM、16GB ROM、外部メモリはmicrSD/microSDHCカードスロットを備え、最大32GBまでのカードに対応する。ネットワークはXiとFOMA(ハイスピード対応)、Wi-Fi(無線LAN。IEEE802.11a/b/g/n準拠)に対応し、Bluetoothは3.0をサポートする。

カメラは背面と前面に1基ずつ。背面のメインカメラは有効画素数約300万画素で、前面のサブカメラは約200万画素。バッテリー容量は5,100mAhだ。

機能面ではアプリ起動中でもメールやアラーム、ペンメモなどの便利アプリが使える「Mini Apps」をプリインストールし、スマートフォン向け放送局「NOTTV」にも対応する。カラーはライトシルバー1色の展開となっている。


【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/GALAXY Tab 7.7 Plus製品紹介ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件