ヱヴァスマホ「SH-06D NERV」のPRとして初号機の原寸大ビジュアル広告が原宿・渋谷・秋葉原・新宿に登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドコモショップ渋谷店
 「EVANGELION3.0×NTT DOCOMO」プロジェクトは5日、6月16日から予約受付が開始されるNTTドコモ向けAndroid(アンドロイド)スマートフォン「SH-06D NERV」の屋外型広告の設置を開始したと発表した。

SH-06D NERVは、2009年に発売されたヱヴァケータイの後継機であり、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の世界観をイメージし、ヱヴァンゲリヲンの制作会社「スタジオカラー」がデザインの監修を担当したヱヴァスマホ。NERV官給品という設定で開発されたスマートフォンには様々な特別仕様が盛り込まれている。

また、ベースとなったハードウェアのスペックも十分で、プロセッサには1.2GHzデュアルコアを採用し、ディスプレイは裸眼立体視に対応した4.5インチのHD液晶を搭載している。ユーザーインターフェースも特別仕様で、スーパーコンピューターMAGIを3D表示で再現したようなデザインとなっている。

さらに防水性能、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイにも対応し、実用上も問題ない。

今回都内で展開される広告は、今秋公開予定のシリーズ三作目「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」にも登場するヱヴァンゲリヲン初号機の原寸大のビジュアルがプリントされたもの。渋谷・原宿・秋葉原・新宿の4か所で掲示される。さらに、池袋、六本木、有楽町、秋葉原でも異なるパターンのビジュアルの掲示が行われる。

渋谷ではドコモショップ渋谷店に初号機が格納されているかのような柵のプリントを別途配置し、初号機の迫力ある顔を見ることができる。

なお、広告の掲示は5月下旬から開始されている。


【情報元、参考リンク】
ドコモ第3新東京市支店:SH-06D NERV 特設サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑