Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

世界遺産ファンにオススメ。ソニー、定点撮影した世界遺産の写真を鑑賞・壁紙設定できるアプリ「“α”CLOCK for Mobile」をリリース。時間のよる変化も楽しめる

ソニーは5月31日、定点撮影した世界遺産の写真を鑑賞することのできるAndroid(アンドドロイド)向けアプリ「“α”CLOCK for Mobile」をリリースした。Google Play(旧Android Market)より無料でダウンロード/インストールし、楽しむことができる。アプリは「Xperia」シリーズ以外の端末でも利用可能だ。動作条件はAndroid 2.2以降のOSを搭載したスマートフォンで、画面解像度が480×854または720×1280となっている。ウォークマンZシリーズでも利用できる。

タイムシフトUI。時刻表示部分をタッチし、そのままドラッグすると写真が切り替わる

“α”CLOCK for Mobileに収録された写真は、ソニー製デジタル一眼カメラ“α”シリーズで撮影されたもので、定点撮影された時刻別の姿を鑑賞できる。

時間帯によって異なる顔を見せる世界遺産を、“タイムシフトUI”を使って手軽に楽しめる。画面右上に表示された時刻をドラッグすることで、他の時刻の写真を表示させることができる。時間の流れによる変化をスムースに切り替えることのできるUIとなっている。

ただし、写真容量の大きさによるものと考えられるが、端末によっては若干切り替わりの動作が重いかもしれないので、その点には注意してほしい。

また、写真は左右にドラッグすることで横に動かして表示することもできる。最初の状態では見えていない右側のエリアなども鑑賞できる。画面を上にドラッグすると連携機能が表示され、WikipediaやMapへのリンクを起動することもできる。

プリインストールされている写真はフランスの世界遺産「モン・サン=ミシェル」。

だが、トルコのイスタンブール歴史地区、中国の黄山、ベトナムのハロン湾、日本の小笠原諸島の写真のダウンロードも可能となっており、今後は約2週間おきに新たなコンテンツが追加される。最終的に40以上のコンテンツが揃う予定となっている。全てをダウンロードしていくとデータ量が多くなることが予想されることもあり、データは外部メディアに保存することもできる。この設定は初回起動時にも表示されるので、microSDカードを挿している方などは外部メディアを利用してもよいだろう。

一度ダウンロードしたコンテンツは後から削除することもできる。削除したいコンテンツで長押しすれば、削除するかどうかを聞かれるので、「はい」をタップすればいい。40コンテンツを全てダウンロードするとおそらく数百MBになるはずなので、お気に入りの世界遺産だけを残す方がよさそうだ。

また、複数コンテンツがある場合、日替わりでランダム表示させることもできる。

さらに、メニューから「壁紙の切り替え」をオンにすると、端末のホーム画面の壁紙として表示させることもできる。壁紙は時刻に連動して一日に12回変化する(回数はコンテンツにより異なる)。壁紙に設定すれば、アプリを起動することなく、いつでもホーム画面で世界遺産の写真を楽しむことができるのでオススメだ。

なお、各コンテンツのダウンロードは、一旦「壁紙の切り替え」をオンにし、「世界遺産を選択」をタップすれば可能だ。この設定変更の仕方は一見して気づきにくいので注意してほしい。

美しい写真が揃っているので世界遺産のファンでなくともオススメのアプリだ。

左:コンテンツの選択画面。ダウンロードもここで行う。
右:コレクションアルバム機能。

【情報元、参考リンク】
Google Play/“α” CLOCK for Mobile
α CLOCKサイト
ソニー/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件