Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

KDDI、夏モデルのスマートフォン5機種を発表。全機種がAndroid 4.0搭載、国内定番機能や防水・防塵対応

KDDIは15日、都内でプレスカンファレンスを開催し、今夏向けのスマートフォン新商品5機種を発表した。5月下旬以降に順次発売される。


夏モデル共通の特徴としてOSにAndroid 4.0(開発コード「Ice Cream Sandwich」)を採用している点、赤外線通信とワンセグ、おサイフケータイの搭載、防水・防塵対応が挙げられる。また、5機種中3機種が高速通信WiMAXに対応し、Wi-Fiテザリングも可能となっている。すなわち、WiMAXの高速通信を活かした上でスマートフォンを無線LAN親機として機能させ、ノートPCやWi-Fiタブレットでインターネットを快適に利用できる。

5機種の内訳は下記の通り。

・シャープ製AQUOS PHONE SERIE ISW16SH
・富士通製ARROWS Z ISW13F
・京セラ製URBANO PROGRESSO
・シャープ製AQUOS PHONE SL IS15SH
・シャープ製AQUOS PHONE CL IS17SH

各機種の詳細は後ほど個別記事を用意して紹介する予定のため、ここでは概要を紹介したい。

《AQUOS PHONE SERIE ISW16SH》

ISW16SHは近距離無線通信NFCとFeliCaに両対応している。今後、NFCを利用した様々なサービスの登場が予想されるが、ISW16SHはその将来的に向けた対応が可能となっている。もちろん現在でもNFCを活かしたアプリ/機能などを利用可能だ。さらに、FeliCa対応、すなわちおサイフケータイも利用できる。

ディスプレイは4.6インチの高透過CGSilicon液晶で、解像度は1,280×720。明るく繊細な表示とバックライトの省電力化を実現した高透過CGSilicon液晶を採用した。さらに1,800mAhの容量のバッテリーも魅力。プロセッサはデュアルコアで、カメラは約1211万画素の裏面照射型CMOSカメラを採用する。WiMAXにも対応している。

端末のサイズは約66×126×11.2mmで、重さは約136g、カラーラインナップはホワイトのみとなっている。


《ARROWS Z ISW13F》

ISW13Fはクアッドコアプロセッサを搭載するハイスペック・スマートフォン。さらにディスプレイも約4.6インチのHD液晶を搭載する。プロセッサは米NVIDIAのTegra3を採用している。高速性能、高いグラフィック性能、省電力性能が特徴のプロセッサだ。

カメラは有効画素数約1313万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、画像処理エンジン「Milbeaut Mobile」も搭載する。バッテリー容量は1,800mAhで、端末のサイズは約67×135×10.6mm、重さは約145g。カラーラインナップはグロッシーレッド、クールブラックの2色展開となっている。

さらに富士通ならではのスマート指紋センサーを搭載し、安心なセキュリティでスマートフォンを守ることができる。さらに指定した人に関するメール・連絡先・発着信履歴などを非表示にできるプライバシーモードも搭載する。WiMAXにも対応している。


《URBANO PROGRESSO(アルバーノ プログレッソ)》

デザインにこだわりを見せるスマートフォン。DIGNOの使いやすさにURBANOの洗練を金属調の塗装と光るキーの質感で高級感を演出している。さらにソフトウェア面についてもロック画面をはじめとしたオリジナルのUIを採用した。

ディスプレイは4.0インチの有機ELで、カメラは約808万画素で、バッテリー容量は1,500mAh、端末のサイズは約64×125×10.8mm、重さは約139g、カラーラインナップはオレンジ、シルバー、ピンクの3色展開となっている。

特徴的な機能は「スマートソニックレシーバー」。この機能は雑踏などの中でも聞きやすくする機能で、相手の声の速度を落として聞きやすくする「ゆっくり通話」やノイズキャンセルなどを搭載する。ネットワークではWiMAXにも対応する。


《シャープ製AQUOS PHONE SL IS15SH》

IS15SHはテンキー搭載スライド型のスマートフォン。フィーチャーフォンでテンキーに慣れていた方がスマートフォンへの移行にあたってテンキーを捨てられないという場合などに最適だ。メール、ブラウザなどは専用キーで一発起動が可能となっている。また、フィーチャーフォンでお馴染みの伝言メモ機能「簡易留守録」も備える。

ネットワークではWiMAXには非対応。ディスプレイは3.7インチ液晶で、カメラは約804万画素、バッテリー容量は1,430mAh、端末のサイズは約58×121×14.8mm、重さは約152g、カラーラインナップはミントブルー、カシスピンク、ダリアブラックの3色展開となっている。


《シャープ製AQUOS PHONE CL IS17SH》

IS17SHは、メモリー液晶を搭載したスリム・スマートフォン。4.2インチのメイン液晶ディスプレイが消灯しているときでもメモリー液晶で時計や着信などをチェックできる。スリムと記したように、端末の厚さはわずか8.9mm、サイズは65×132mm、重さは約132gとなっている。カラーラインナップはピュアホワイト、ダークネイビー、コーラルピンクの3色展開。

スマートフォン初心者の方への敷居を低くするため、シンプルなUI「Feel UX」を搭載する。ネットワークではWiMAXには非対応となっている。


なお、ISW16SH、ISW13F、URBANO PROGRESSO、IS15SHはKDDIデザイニングスタジオ、au NAGOYAにおいて16日より展示されるので関心のある方はチェックしにいこう。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件