ドコモ、「dメニュー」と「dマーケット」を18日より提供開始へ。iモードコンテンツがスマートフォン向けにも登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
dメニュー(10月18日時点の開発版)
NTTドコモは10日、Android(アンドロイド)スマートフォン向けの新サービス「dメニュー」と「dマーケット」を11月18日より提供開始すると発表した。同日発売される「REGZA Phone T-01D」の登場に合わせてリリースされる。

dメニューは、スマートフォン向けコンテンツを紹介・掲載するポータルサイトで、iモード向けに提供されてきた多くのコンテンツがスマートフォン向けにアレンジされて提供される入り口でもある。dマーケットはドコモが運営するコンテンツマーケットで、動画、電子書籍、音楽などの提供に加え、アプリを紹介する「アプリ&レビュー」コーナーなどが用意される。

dメニューでは、iモードで人気のエンタメ系や実用系など多彩なコンテンツが登場する。コンテンツプロバイダ約500社から約3,400のサイトがリリースされ、年内には約700社、約3,600サイトに拡大予定。

なお、iモードと同様の課金・認証システムを導入することで、iモードでマイメニュー登録しているユーザーがスマートフォンに機種変更した場合、特別な設定をしなくてもマイメニュー登録しているコンテンツを継続利用することができる。

dメニュー利用イメージ

また、iチャネルやドコモ地図ナビなど、ドコモが提供する様々なサービスを探すこともできたり、利用料金の確認やメール設定などのユーザーサポートも利用できる。

dメニュー画面例

一方、dマーケットは、ドコモ直営のコンテンツマーケットで、動画、電子書籍、音楽などのコンテンツを入手できる。電子書籍と音楽に関してはドコモポイントを利用した入手も可能。


dマーケット画面例

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑