Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

KDDI、ネットで商品を検索すると、最寄りの取扱い店舗を教えてくれるサービスの実証実験を実施へ

KDDIは13日、米Retailigence Corporation(リテーリジェンス)と、10月下旬よりOnline to Offline(以下、O2O)のプラットフォームを構築する実証実験を行うことに合意したと発表した。具体的にどのような実験が行われるのかというと、スマートフォンとGPS機能を利用し、ユーザーが何らかの商品を検索した際に、自分が今いる場所から最も近い取扱い店舗情報などを教えてくれるサービスの実験になる。

O2Oプラットフォームのイメージ

取扱い店舗を教えてくれるだけに留まらず、割引クーポンなどの提供も行われる見込みだ。

両社の役割は分担される。KDDIは端末、ネットワーク、アプリケーションを一元的に提供する「KDDI MULTI CLOUD」をコンセプトとした流通業界向けのクラウド基盤を開発・提供し、リテーリジェンスは実際の店舗の商品情報とユーザーのアクションを結びつけるウェブ上のツールを提供する。

実証実験は良品計画やリビングスタイルらと共に行う。

例えば良品計画の実験については、medibaが提供するスマートフォン向けのキャンペーンサイトへアクセスすると、最寄りのファミリーマートの店舗を検索した際に表示されるクーポンIDを、店舗に設置されたマルチメディア端末「Famiポート」に入力することで、対象の無印良品が10%オフで購入できるクーポン券と交換できる。

実施場所は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県のファミリーマート全店。実施期間は10月18日から10月24日まで。

実験イメージ(良品計画、ファミリーマート)

リビングスタイルの場合は、専用のアプリケーションを利用し、対象となる家具メーカ店舗で買い物をすると購入ポイントや割引が受けられる。実験期間は10月31日から2012年5月31日。

リビングスタイルの実験イメージ

スマートフォン、インターネット、GPSを活かした店舗の商品検索の類のサービスは少しずつ始まってきている。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件