Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

バッファロー、Android 3.1以降搭載タブレット対応のUSB機器を多数リリース。BlueLEDマウス、ハブ、メモリカードリーダーなど

バッファローコクヨサプライは17日、Android(アンドロイド)タブレット(OSのバージョンが3.1以降)に対応したUSB接続機器を複数発表した。BlueLEDマウス、USBハブ、メモリカードリーダー/ライター、USB変換アダプタだ。マウスとUSB変換アダプタは10月下旬、カードリーダー/ライターは11月上旬、ハブは11月中旬に発売予定。


Androidタブレットは3.1からUSBホスト機能がサポートされ、様々な周辺機器を利用できるようになった。今回リリースされる機器もタブレットで使うことができる。

BlueLEDマウスの製品名は「有線BlueLEDマウス Sサイズ Android対応モデル」で、型番は「BSMBUM04SBK」と「BSMBUM04SWH」。前者はカラーがブラックのもの、後者はホワイトのもの。希望小売価格価格は2,120円。microB変換アダプタが同梱されるので、タブレット側の端子がフルサイズのUSBではなく、microUSBであっても利用できる。


読み取りセンサーにはBlueLEDを採用しているので、従来の光学式やレーザー式では難しかった透明なガラステーブルや透明シート上での操作も可能。

もちろん、Windows PCやMacなどでも利用できる。

「USB2.0ハブ 4ポートタイプ(ACアダプター付) Android対応モデル」は、Android 3.1以降のタブレットにも対応したUSBハブで、4つのポートを持つ。USBキーボードやマウスなど様々な機器を最大4台まで同時に接続することができる。希望小売価格は3,060円で、型番はブラックモデルが「BSH4AUM01BK」、ホワイトモデルが「BSH4AUM01WH」。このハブにもUSB microB変換アダプターが同梱される。


カードリーダー/ライターの製品名は「45+5メディア対応 カードリーダー/ライター Android対応モデル」で、カラーはブラックとホワイトが用意されている。型番は「BSCRUM01U2BK」「BSCRUM01U2WH」で、希望小売価格は1,060円。SD、microSD、メモリースティック(Duo)、コンパクトフラッシュなどを利用可能。この製品にもmicroB変換アダプターが同梱される。


最後にUSB変換アダプタだが、上記3つの製品には標準で同梱されるmicroB変換アダプタで、単品でも販売されることになる。製品名は「USB(microB to A)変換アダプター」で、希望小売価格は1,040円。カラーはブラック1色で、型番は「BSMPC11C01BK」。


【情報元、参考リンク】
バッファローコクヨサプライ/BlueLEDマウス
バッファローコクヨサプライ/USBハブ
バッファローコクヨサプライ/カードリーダー
バッファローコクヨサプライ/USB変換アダプタ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件