Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

JR東日本、山手線車内でスマートフォン向け情報提供サービスを試行へ。車内にWi-Fiを設置

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は6日、山手線の車内においてスマートフォン向けの情報配信サービスの試行を実施すると発表した。10月4日から11月2日までの約1か月間にわたり、山手線1編成にJR東日本のフロンティアサービス研究所が開発した「車両内でのパーソナルな情報提供システム“infoPiC”」が搭載される。

利用イメージ

infoPiCは、「Information Providing System for Individual Customers」の略から名付けられたもので、乗客が持つモバイル端末へのきめ細かい情報提供を行うためのシステム。車内に設置されたサーバ、Wi-Fiアクセスポイントから構成され、車内の情報管理装置から必要な情報を収集し、乗客のスマートフォンへ配信する。

試行期間中、infoPiCが搭載された列車に乗車した方は、自分のスマートフォンからサービスを利用することができる。わずか1編成でしか試行されないため、運良くその列車に乗り合わせないことには試すことはできないが、たまたま乗ることができた方は試してみたい。

利用するには、専用のWi-Fiアクセスポイントに接続する。各端末のWi-Fi設定から、「Trainnet」と名付けられたアクセスポイントを選んで接続する。パスワードは不要。

infoPiCを介して提供される情報サービスは「山手線トレインネット」と名付けられ、このサービスでは、鉄道の運行状況、駅の情報・乗換案内、車内状況(各号車の乗車率・車内温度)、沿線ニュース、コミックや小説、動画、エキナカ店舗のキャンペーン情報やクーポン、トレインチャンネルと連動した動画広告などが配信される。

9月20日に山手線トレインネットの公式サイトが開設される予定。Android/iPhone向けアプリも近日公開予定。
http://www.yamanoteline-trainnet.jp

【情報元、参考リンク】
JR東日本/プレスリリース(PDF)

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件