Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ソニー、デュアルコアCPU採用、Android搭載ウォークマン「Zシリーズ」(NW-Z1050/1060/1070)を発表。12月10日発売へ

ソニーは13日、携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」シリーズの新製品発表会を開催し、Android(アンドロイド)搭載タイプ「Zシリーズ」の3モデルを発表した。同社は合わせてAシリーズ、Sシリーズも披露しているが、本記事ではZシリーズについて紹介していきたい。


Zシリーズは内蔵ストレージ容量別に3モデル用意される。16GBモデルの型番が「NW-Z1050」、32GBモデルが「NW-Z1060」、64GBモデルが「NW-Z1070」。それぞれオープン価格だが、市場推定価格は順に28,000円、33,000円、43,000円になる見込み。

Zシリーズはウォークマンの新製品なので、音楽を楽しむことを最も重視した製品ながら、Android端末として「Android Market」上の多種多様なアプリを利用することもできる。ネットワークはIEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fiを搭載し、Bluetooth(2.1+EDR)もサポートする。アプリについてはAndroid Marketのほか、オススメアプリが紹介される専用サイトへ、ホーム画面上の「Select App」ショートカットから簡単にアクセスすることもできる。

AndroidのOSバージョンは2.3で、プロセッサは米NVIDIA製Tegra 2 デュアルコア 1GHz、ディスプレイは4.3インチTFT液晶で、解像度は800×480。内蔵メモリは512MB RAMで、ストレージは前述したように容量別に3モデル用意される。16GB/32GB/64GBだ。センサー類はGPS、デジタルコンパス、加速度センサーを搭載する。FMラジオを楽しむこともできる。

また、他のAV機器との連携をサポートするため、HDMI出力、DLNA機能も搭載する。ウォークマンに保存されたコンテンツを、DLNA対応機器上で再生させたり、別売りのHDMIケーブルを介してハイビジョンテレビへ出力してYouTubeの動画やアプリを楽しむこともできる。

ソニー製ブルーレイディスクレコーダーで録画した番組をウォークマンへ転送して楽しむ「おでかけ転送」にも対応する。

ウォークマン製品として音質へのこだわりも忘れてはならない。独自の「クリアオーディオテクノロジー」による高音質再生が可能となっている。音声信号をフルデジタル処理するアンプ「S-Master」をモバイル機器向けに最適化した「S-Master MX」を搭載し、音質劣化、ノイズ、歪みを最小に抑制することができる。

さらに、周囲の騒音を約98%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」も搭載される。電車やバス、飛行機など周囲の騒音が大きな場所でも音楽を存分に楽しめる。ノイズキャンセリングは3モードから選択可能なので、設定変更も手軽だ。

端末のサイズは70.5×134.2×11.1mm(最大外形:70.9×134.4×11.1mm)で、重さは約156g。

下はAmazonの商品リンク。

16GBモデル。左からブラック(NW-Z1050/B)、レッド(NW-Z1050/R)の順。

 

32GBモデル。左からブラック(NW-Z1060/B)、レッド(NW-Z1060/R)の順。

 

64GBモデル。左からブラック(NW-Z1070/B)、レッド(NW-Z1070/R)の順。

 

【情報元、参考リンク】
ソニー/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件