NTTドコモ、ソニー・エリクソン製スマートフォン「Xperia arc SO-01C」を正式発表。3月24日発売予定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは24日、新モデル発表会を開催し、複数のAndroid搭載端末を発表した。その中の一つがソニー・エリクソン製スマートフォン「Xperia arc(エクスペリア・アーク)」(SO-01C)だ。Xperia arcは昨年4月1日に国内で発売された「Xperia(SO-01B)」(海外版「Xperia X10」の国内向けモデル)に続き、Xperiaファミリーでは国内投入される2機種目になる。発売日は3月24日の予定で、3月4日から全国のドコモショップで事前予約を受け付ける。


Xperia arcはXperia X10の後継機種の位置づけで、Xperiaファミリーの中ではハイエンド向けモデルにあたる。プロセッサ、ディスプレイ、映像処理、カメラ周り、筐体設計・デザインなどで強化が図られたのが特徴。

一目で気付く変化は筐体デザインだろう。最薄部の厚さが僅か8.7mmの、アーク形状のデザインはとても美しい。用意された3色のカラーラインナップと合わせて、デザインの良さが際立っている。カラーはミッドナイトブルー、ミスティーシルバー、サクラピンクの3色が用意されている。この内、サクラピンクは海外版にはない特別カラーだ。

ディスプレイは解像度こそXperiaと変わらない854×480ながら、サイズは4.2インチへ拡大された。また、太陽光下でも明るく見やすい高精彩ディスプレイ「Clear Black Panel」が採用されている。加えて、映像処理面の強化が目を引く。Mobile BRAVIA Engine(モバイルブラビアエンジン)を搭載することで、動画を標準状態よりも鮮明な映像として楽しむことが可能だ。さらにはHDMI出力(HDMIケーブルは別売)とDLNAをサポートすることで、ハイビジョンテレビなどに映し出すこともできる。

映像面ではカメラ周りの強化にも着目しなければならない。Xperia arcには裏面照射型のCMOSセンサー「Exmor R for mobile」が採用されている。このセンサーは高感度、低ノイズで写真を撮影することが可能で、カメラの利用シーンが広がる。特に夜間、暗い室内などでの写真撮影が大幅に改善される。手ブレ補正、LEDオートフラッシュ、開放値F2.4の明るいカメラレンズが撮影をサポート。

動画は720pのHD動画撮影に対応し、自動的に追随してオートフォーカスをする「コンティニュアスオートフォーカス」機能も搭載されている。

そして基本スペックも強化されている。

OSはスマートフォン向けとしては最新のAndroid 2.3(開発コード「Gingerbread」)。NFCの機能こそ搭載されていないものの、最新OSによる高速動作など、様々な面での恩恵は大きい。そして端末の心臓部であるプロセッサにはQualcomm MSM8255 1GHzを採用。内蔵メモリは512MB。そのほか、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetoothは2.1+EDRをサポート。

地味ながら嬉しい機能としてFMラジオも搭載されている。FMラジオを再生中に楽曲の情報を入手し、そのままmora touchで購入に移ることもできる。日本語入力にはXperiaで評価の高かった「POBox Touch」が継続して採用されている。

また、6月よりNTTドコモが順次開始するFOMAハイスピードエリア内での受信時最大14Mbpsの高速通信にも対応する。

端末のサイズは約125×63×10.9mm(最薄部:約8.7mm、最厚部:11.4mm)で、重さは約118g。

下に掲載したのはPR動画。


【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
NTTドコモ/Xperia arc SO-01C製品紹介ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑