Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

マウスコンピューター、Tegra 250搭載Android 2.2タブレット「LuvPad AD100」を9月末に発売

マウスコンピューターは10日、Android 2.2を搭載した10.1インチディスプレイを持つタブレット端末「LuvPad AD100」を発表した。LuvPad AD100はNVIDIA Tegra 250を採用したハイスペック端末として、価格39,800円(税込み)で9月末より発売開始となる予定。タッチパネルは静電容量方式でマルチタッチにも対応。ディスプレイの解像度は1024×600。基本的なハードウェア仕様は非常に高いレベルでまとめられている。


LuvPad AD100の最大の特長はディスプレイサイズ、NVIDIA Tegra 250、そしてAndroid 2.2搭載にある。

ディスプレイは米AppleのタブレットiPadより若干大きい10.1インチ。基本的にはほぼ同レベルのサイズになり、競合製品と捉えてもいいかもしれない。重さも約760gと似たレベルにある。搭載されるチップはNVIDIA Tegra 250。統合チップとして機能別に独立した8個のプロセッサを搭載し、様々な機能をパワフルにサポートする。そして、OSは最新のAndroid 2.2だ。高速化されたJavaScriptエンジンの恩恵を受け、快適なウェブブラウジング体験を得られる。

対応ネットワークはWi-Fi(IEEE 802.111 b/g)で、内蔵メモリは512MB RAM、512MB ROM+ストレージ8GBになる。外部接続端子としてmini USB端子が用意され、外部メモリはmicroSD/microSDHCスロットを搭載。日本語入力IMEとしてSimejiがプリインストールされた状態で販売される。

販売はウェブサイトによる通販、一部の家電量販店などを通して行われる予定。

詳細情報は製品情報ページにて随時追加公開される予定。

【情報元、参考リンク】
マウスコンピューター/LuvPad AD100
マウスコンピューター/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件