スライド式QWERTYキーボード搭載Androidスマートフォン「Samsung Epic 4G」発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米通信事業者Sprint Nextelは現地時間28日、Android 2.1を搭載したスマートフォン「Samsung Epic 4G」を発表した。Samsung Epic 4Gはその名の通りSprintの4G WiMAXネットワークに対応した端末。台湾HTC製Androidスマートフォン「HTC EVO 4G」に続く、Sprint 4Gネットワーク普及を推し進める戦略的端末の一つになる。同端末はHTC EVO 4Gが物理キーボードを持たないストレートタイプを採用している点とは異なり、スライド式のQWERTYキーボードを搭載している。端末の基本的スペックは「Samsung Galaxy S Pro」と同等。Galaxy S ProのSprint版と捉えていい端末のようだ。

物理キーボード以外の大きな特徴にはSamsung Galaxy Sのシリーズ端末ならではとして、Super AMOLEDディスプレイ(アクティブマトリックス方式の有機ELディスプレイ)が搭載されていることが挙げられる。コントラストの高い美しい描画が可能なディスプレイとして、世界的に高い評価を受けている。

Android OSのバージョンは発売時点では2.1。近い将来に2.2へのアップデートが予定されている。

現時点では価格及び発売時期は発表されておらず、どちらも未定だ。しかし、多くの端末と同様の価格帯になると予想され、具体的には2年契約で100ドル程度のメールインリベート(郵送キャッシュバック)付きとして、実質199.99ドルになるのではないかと考えられる。発売時期もおそらく今夏だろう。

主なスペックは次の通り。
  • OS:Android 2.1
  • CPU:Samsung 1GHz Cortex A8 Hummingbird Application Processor
  • 内蔵メモリ:1GB ROM / 512MB RAM
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大:32GB、同梱:16GB)
  • ディスプレイ:4インチSuper AMOLEDディスプレイ
  • カメラ:5メガピクセル、オートフォーカス、LEDフラッシュ、720p動画撮影
  • Sprint 3G/4G WiMAX対応
  • Wi-Fiホットスポット機能搭載(最大5台まで接続可能)
  • Bluetooth:2.1 with A2DP Stereo + EDR
  • Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n
  • デジタルコンパス、GPS搭載
  • DLNA機能搭載
  • バッテリー容量:1,500mAh
  • サイズ:124.8 × 64.6 × 14.2 mm
  • 重さ:155g

【情報元、参考リンク】
Android and Me/Sprint unveils Samsung Epic 4G
Sprint/Epic 4G紹介ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑