下り最大368Mbps対応のUSBスティック型データ通信機器「SoftBank 604HW」発表。7月31日発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは13日、ソフトバンク向けにUSBスティック型のデータ通信端末「SoftBank 604HW」を開発し、7月31日に発売となると発表した。ただし、604HWは一般向けではなく、法人向け製品なので注意してほしい。

<▲図:SoftBank 604HWの使用イメージ>

一般向けではUSBスティック型のデータ通信機器は減ってきてしまっているので、久しぶりの新製品という印象だが、604HWは、ソフトバンクの下り最大386Mbpsに対応する点が大きな特徴。ソフトバンクのUSBスティック型端末では初の対応となる。上りは最大37.5Mbps対応だ。

ただし、下り最大386Mbpsでの利用はUSB 3.0ポートに接続している時のみで、USB 2.0ポート接続時は最大320Mbpsなので注意してほしい。

また、900MHz帯や2.1GHz帯の3G通信にも対応しているので、広いエリアで通信可能だ。

ボディサイズは小さく、96.1×34.0×15.2mmで、重さは約41g。

<▲図:SoftBank 604HW>

対応OSはWindows 7 Home Basic/Home Premium/Professional/Ultimate(32bit/64bit)、Windows 8 無印版/Pro/Enterprise(32bit/64bit)、Windows 8.1 無印版/Pro/Enterprise(32bit/64bit)、Windows 10 Home/Pro/Enterprise(32bit/64bit)、Mac OS X 10.6-10.7(32bit/64bit)、10.8-10.12(64bit)となる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
SoftBank 604HW製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑