「東京お台場FreeWiFi」エリア拡大。合計51エリアへ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東京臨海ホールディングス、ソフトバンクは27日、臨海副都心地域で提供中の無料の公衆無線LANサービス「東京お台場FreeWiFi」のエリアを拡大したと発表した。今回のエリア拡大の結果、27日時点での利用可能エリアは合計51となる。


新エリアは、お台場SKYツーリストインフォメーション、国土交通省 そなエリア東京(東京臨海広域防災公園)、BMW GROUP Tokyo Bay、パナソニックセンター東京。

「東京お台場FreeWiFi」は、ソフトバンクが関わっていることから分かると思うが、「ソフトバンクWi-Fiスポット」としても利用できるので、ソフトバンクユーザーはソフトバンクWi-Fiスポットとして利用可能だ。

ソフトバンク以外のユーザーは「東京お台場FreeWiFi」はSSID「FreeWiFi_ODAIBA」にアクセスすると接続可能だが、その前に電話認証専用ダイヤルに電話をかけ、音声案内でパスワードを発行してもらう必要がある。その後、ログイン画面でログインID(携帯電話番号)、パスワード等を入力すればログインし、利用できる。

なお、電話ではなくメールを使ってパスワードの発行を受けることもできる。

【情報元、参考リンク】
東京お台場FreeWiFi
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑