ASUS ZenFone 3 Max発表。19800円、5.2インチワイド液晶搭載。2017年1月中旬以降に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは14日、「ZenFone 3」シリーズの最新モデルとなる「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」を発表した。2017年1月中旬以降に発売予定。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、グレーの3色で、希望小売価格は19,800円(税抜)。

<▲図:ZenFone 3 Max>

また、専用のバンパーケース「ZenFone 3 Max(ZC520TL)専用Bumper Case」も同時期に販売開始となる予定。このケースは1,980円(税抜)。ちなみにバンパーケースとはいえ、ただのバンパーではなくケースなので側面に加えて背面も保護する形となっている。

<▲図:純正の専用Bumber Case>

ZenFone 3シリーズの中でも安価なモデルとなるZenFone 3 Maxだが、ディスプレイサイズは約5.2インチ。解像度は1,280×720ドットとHD。

OSはAndroid 6.0で、CPUはクアッドコアのMediaTek MT6737M、メモリは2GB RAM、ストレージ容量は16GBだ。

ZenFone 3シリーズと呼んでいいのかどうかやや悩む基本スペックだが、結局のところ、ZenFoneシリーズにおける新たなエントリーモデルの一つとなる。

メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素。

エントリーモデルながら嬉しいのは、指紋認証センサーを搭載すること。指紋認証でのロック解除は慣れると元に戻れないほど便利なので、やはり嬉しい。さらに、指紋認証センサーはロック解除だけでなく、ダブルタップでカメラの起動をしたり、タップでシャッターを切るような使い方に利用することもできるようになっている。

Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、Bluetoothは4.0、LTEはFDD-LTEがB1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28、TD-LTEがB38/B41に対応し、W-CDMAはB1/B2/B5/B6/B8対応。

バッテリー容量は大きく4,100mAh。ボディサイズは約149.5×73.7×8.55mm、重さ約160g。

デザイン上の特徴として、フロントのエッジ部が2.5D処理されていること。これによって、ディスプレイ周りに高級感が出てくる。また、ベゼル(額縁部分)も2.25mmと細く、スタイリッシュな印象をできるだけ実現している。

新たなエントリーモデルとして購入しやすい価格帯での登場となるZenFone 3 Max。

家電量販店での販売のほか、MVNO各社からも取り扱いが発表されている。

【情報元、参考リンク】
ASUS公式オンラインショップ「ASUS Shop」
DMM mobile
ASUS公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑