ドコモ、PS Vita向けのプリペイドデータプランを提供終了へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は14日、「PlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデル」(以下、PS Vita)向けに提供中のプリペイドデータプランを2017年3月31日をもって提供終了すると発表した。

<▲図:PlayStation Vita>

PS Vita向けのプリペイドデータプランでは、あらかじめ934円(税抜)を支払うことで、90日間で20時間の3G通信を利用できる「プリペイドデータプラン 20h」と、4,743円(税抜)で365日間に103時間の3G通信ができる「プリペイドデータプラン 100h」の2つのプランを利用できる。

このサービスは2011年12月13日から提供されてきたが、2017年1月31日で新規申込みと更新受付が終了し、2017年3月31日でサービス自体も終了となる。

未使用残高はサービス提供終了後に払い戻しが行われるという。払い戻し方法は詳細が決まり次第、ドコモの公式サイトで案内される予定なので、ユーザーの方は今後の発表を待とう。

また、PS Vitaでは、「デバイスプラス300」及び「定額データプラン」で引き続き3G通信を行うことは可能だ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑