ドコモとソフトバンクも熊本地震被災者向けの速度制限解除措置を5月末まで延長

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)とソフトバンクは27日、平成28年熊本地震で被災した方への支援措置として行っていた、月間データ量を超過した場合に速度制限を掛けない措置を5月末まで延長すると発表した。

対象者は平成28年熊本地震に伴い災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する方。

通常は、契約したプランに定められた月間データ量を超過すると、月末まで速度制限が掛かるが、平成28年熊本地震で被災した方には支援措置の一環として、上限の一時的な撤廃、すなわち速度制限の解除が行われていた。当初は4月末までの予定だったが、5月末まで延長されることが決まった。KDDIも同じく延長している。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑