auオリジナルブランドのスマホ「Qua phone」が2月5日に発売へ。機種変更で最大15000円引きのキャンペーンも

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは1日、auオリジナルブランド「Qua(キュア)」シリーズ初となるAndroidスマートフォン「 Qua phone」(KYV37)(京セラ製)を5日に発売すると発表した。Qua phoneの詳細はこちらのレポート記事を参照してほしい。

<図:Qua phone>

Qua phoneは低価格で購入できるミドルクラスのスペックのスマートフォンだが、京セラ製端末ではおなじみの「スマートソニックレシーバー」やタフネス設計は健在だ。auオンラインショップでの販売価格は一括で49,680円(税込)だが、分割払いでMNPの場合は最大44,280円引きとなり、実質5,400円だ。

さらに、KDDIは2月5日から3月31日までの間に、auケータイもしくは3Gスマートフォンを6ヶ月以上使ってきた方が機種変更でQua phoenを購入した場合、本体価格から最大15,000円を割り引く「Qua phoneデビュー割」も実施する。

<図:Qua phoneの概要を紹介したパネル>

まずはスマートソニックレシーバーだが、これはディスプレイを振動させることで音を伝える技術で、今では京セラ製端末では標準搭載となっている。通話口スピーカーよりもスマートソニックレシーバーの方が音がクリアとされるが、良い端末だと通話口でも良い音で通話できるので、比較してどちらが上とは言いにくいが、スマートソニックレシーバーの音が良いことは確かだ。

また、何より耳を当てる場所が適当でも構わない、という点が便利だ。au VoLTEにも対応する。

そして、防水・防塵・耐衝撃性能を持っている。

ディスプレイは約5.0インチのHD液晶で、CPUはQualcomm MSM8916クアッドコア1.2GHz、メモリは2GB(RAM)。SIMフリー端末でもよく見られる5インチHD&クアッドコア&2GB RAMという構成だが、タフネス設計やスマートソニックレシーバーなどが他にない特徴の一つとなる。

ボディデザインはやや地味なので、やはりターゲットはシニア層かもしれないが、背面中央パーツには金属パーツを使い、質感を高めている。

<図:Qua phoneの背面>

アクセサリーに便利な製品があることも魅力だ。ブック型ケースのカバーの内側にミラーが搭載された製品があり、これは便利かもしれない。

<図:カバーの内側にミラーがあるケースも販売される>

【情報元、参考リンク】
GAPSIS/Qua phoneのレポート記事
au Online Shop
au/Qua phone KYV37製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑