dTVで2月15日より「ウォーキング・デッド」シーズン6の後半第9話以降を配信へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エイベックス通信放送は12日、定額制の動画配信サービス「dTV」内に開設されている「FOXチャンネル」において、米ドラマ「ウォーキング・デッド」のシーズン6の後半にあたる第9話以降の配信を15日より開始すると発表した。

<図:「ウォーキング・デッド」シーズン6後半のキービジュアル>

同社はシーズン6後半エピソードの配信は日本最速のリアルタイム配信になるとしているが、FOXチャンネルは「Hulu」にも開設されているため、若干の遅れは生じてもHuluでも視聴できるようになると予想される。

ただし、FOXチャンネルの視聴機能については現時点ではHuluよりもdTVの方が便利なので、FOXチャンネルや「ウォーキング・デッド」だけを目当てとするならdTVの方が便利でコストも安く、そして一番早く視聴できるのだろう。

FOXチャンネルでの動画配信についてはテレビと同じで番組表のスケジュールに沿って行われるため、例えばウォーキング・デッドのシーズン6後半エピソードは毎週月曜日の21時から配信される。21時から22時までの枠で配信されるため、例えば22時を過ぎてしまうと、他の日のリピート配信(再放送みたいなもの)か見逃し配信が行われる19日の金曜日0時を待つしかない(*実は月曜日の23時から早速リピート配信が行われるので、ちょっと待てば大丈夫だ)。

リピート配信は毎週6回行われるので、番組表を確認し、時間を取れる日時にスタイバイすればいい。一方の見逃し配信の場合は、一定の配信期間中であれば好きな時間に視聴できるので、最悪でも金曜日を待てば気軽に見ることができるようになる。

dTVにおけるFOXチャンネルの場合は、21時0分0秒など、配信スタート時間に必ずしもスタンバイする必要はなく、1時間枠の間であれば追っかけ再生が可能となっている。頭に戻っての視聴ができるので、21時スタートの場合は22時までの間に視聴を開始すればOKだ。

FOXチャンネルは他の動画と視聴スタイルが異なり面倒な点もあるが、その代わり海外ドラマの新しいシーズンをいち早く視聴できるという大きな利点がある。

エイベックス通信放送によれば昨年10月から配信した「ウォーキング・デッド」シーズン6の前半8エピソードは、dTVでこれまでに配信してきた600タイトル以上の海外ドラマの中で、「1ヶ月間で最も見られた作品」になるほどの視聴数だったという。

【情報元、参考リンク】
dTV/ウォーキング・デッド シーズン6後半エピソードについて

(c)2015 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑