【EXPANSYS SIMフリー情報局】第71回:1300万画素のインカメラを搭載、自撮りを強化した「Xperia C5 Ultra」と「Xperia M5 Dual SIM」をご紹介

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今回は、Sony Mobileが2015年8月にグローバル市場向けに発表したミッドレンジスマートフォン「Sony Xperia C5 Ultra」と「Sony Xperia M5」をご紹介したい。

左:Xperia C5 Ultra、右:Xperia M5

どちらも既存のミッドレンジモデル「Xperia C4」「Xperia M4 Aqua」の後続モデルで、MediaTek製のプロセッサを採用し、約1,300万画素のインカメラを搭載し、自撮り機能を強化していることが特徴だ。


<Sony Xperia C5 Ultra>

Sonyから久しぶりの"ウルトラ"シリーズが登場する。Xperia C5 Ultraは、インカメラを高性能にし、スペックとデザインも引き上げられた、Cシリーズの最新モデルだ。

Xperia C5 UltraのBlackモデル。


6インチディスプレイを搭載するXperia C5 Ultraは、「Xperia Z Ultra」の後継モデルと呼んでもよさそうなスタイル。Xperiaシリーズ伝統のデザインを引き継ぎ、大画面なのに薄さをキープ。しかも画面サイズが 6インチに拡大しているが、ベゼルの幅がわずか0.8mmで、電子ブックを楽しむなど、タブレット代わりの用途にも最適だ。また、CシリーズなのでZシリーズよりも価格は低めなので、万人にオススメしたい製品だ。

White、Mintモデル。


最大の特徴はCシリーズならではの高画質なリアカメラ。1300万画素でセルフィーはもちろん、普段の写真撮影にも十分対応。しかもフラッシュも搭載しているので背面のカメラと使い勝手は変わらない。

インカメラの画素数は約1,300万画素。LEDフラッシュも搭載する。

メインカメラは約1,300万画素のExmor RS for mobile。

ボディーは一般的な樹脂製で、ブラックモデルはつやを押さえた仕上げ。本体サイズは164.2 x 79.6 x 8.2 mm、187g。6インチディスプレイ搭載ながらも、ベゼルの幅を極限まで抑えた結果、スリムに仕上がっている。片手持ちでも大丈夫だ。

ブラックモデルはつやをおさえた仕上げ。厚さは8.2mm。

従来のSony製品と同様に日本語は標準対応。



<Sony Xperia M5>

Sony Xperia M5は、スペックが全体的に高くなっているため、ミッドレンジモデルではあるものの、Sonyが発表時に「スーパーミッドレンジ」と紹介していたほどだ。

カラーは、Black、White、Goldの3色。

Xperia M5は、5インチのIPS液晶を搭載するスマートフォン。インカメラはXperia C5 Ultra同様1300万画素だが、メインカメラは2150万画素の「Exmor RS for Mobile」を採用している。

Xperia M5のメインカメラは約2,150万画素のExmor RS for mobile。

インカメラには、Xperia C5 Ultraのようなオートフォーカス機能や専用フラッシュはないものの、HDR撮影やフルHD(1920×1080ピクセル)での動画撮影には対応している。メインカメラは、ハイブリッドオートフォーカスや4K(3840×2160ピクセル)動画の撮影に対応している。ハイブリッドオートフォーカスは、わずか「0.25秒」でオートフォーカスができるというスグレモノ。

カメラアプリ。メインカメラでは4K動画の撮影も可能。

本体背面にもガラスパネルを採用する。

ボディは、Xperiaのアイデンティティとも言えるオムニバランスデザインを採用し、本体の両面はガラス処理となっている。また、ボディはIP65等級の防水性能とIP68等級の防じん性能をキャップレスで実現し、衝撃に備えて四隅にステンレス素材を採用している。

オムニバランスデザインを採用。キャップレスでの防水・防じん対応も嬉しい。


Xperia M5も日本語に標準対応する。また、SIMスロットはデュアルSIM(nano-SIM)仕様だ。

日本語に対応する。

デュアルSIM仕様。

【製品情報】
Sony Xperia C5 Ultra製品ページ
Sony Xperia M5製品ページ


記事執筆者プロフィール
EXPANSYS
ウェブサイト、Twitter:@EXPANSYSJapan
Facebook:EXPANSYS Japan

EXPANSYSは、1998年に創業。SIMフリーのスマートフォン/タブレット、アクセサリを販売するオンラインショッピングサイトを運営する世界的なリーディングカンパニーです。現在では120を越える国々へ商品の発送を行っています。(50か国/地域のサイトで販売を行っており、12のパートナー会社で200を越えるサイト運営をしています。その数は今も尚増え続けています。)本社はイギリスで、EXPANSYS PLCは、ロンドン市場(AIM)に上場しています。コラムは香港よりEXPANSYS Japanの日本人スタッフがお届けしています!

週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑