【島田純のMobile×Travel】第40回:台湾の通信事業者「台湾之星」のプリペイドSIMを購入! 5日間ネット使い放題で250台湾ドル

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
台湾の通信事業者「台湾之星」のプリペイドSIMカードの購入および使用方法をご紹介します。

「台湾之星」(T STAR)のプリペイドSIMカードは、台湾の桃園国際空港第二ターミナルの入国審査場の手前にある台湾之星のカウンターにて販売されています。こちらのカウンターの営業時間は08:00 〜 22:00です。

台湾之星のカウンター

台湾之星のすぐ隣には、前回の記事でご紹介した「亞太電信」のSIMカード販売所も並んでいますので、桃園空港内の第二ターミナルでは、入国審査を行う前に台湾之星、亞太電信の2社のプリペイドSIMカードを購入することができます。

台湾之星のプリペイドSIMカードの価格は、3日間または5日間のインターネット使い放題プランが250台湾ドルです。桃園空港内にて販売されている他社のプリペイドSIMカードと比べると、価格が安めに設定されている点が特長です。

桃園空港で購入可能な台湾之星のプリペイドSIMのプラン

■台湾之星のプリペイドSIM プラン一覧
  • プランA 250台湾ドル:インターネット接続3日間 + 音声通話 100台湾ドル
  • プランB 250台湾ドル:インターネット接続5日間 + 音声通話 50台湾ドル
  • プランC 450台湾ドル:インターネット接続5日間 + 音声通話 300台湾ドル
  • プランD 450台湾ドル:インターネット接続7日間 + 音声通話 120台湾ドル
  • プランE 450台湾ドル:インターネット接続10日間 + 音声通話 100台湾ドル
  • プランF 750台湾ドル:インターネット接続30日間 + 音声通話 500台湾ドル
※インターネット接続は容量無制限、LTEには非対応。

SIMカードの代金は上記のプラン一覧の料金に含まれているため、SIMカード代を意識する必要はありません。滞在日数に応じたプランを選ぶだけで、必要な登録作業などをカウンターのスタッフに行ってもらうことができるので、購入手続は非常にカンタンです。なお、プリペイドSIMカードの購入にあたってはパスポートの提示が必要となります。

プリペイドSIMカードの料金は、現金またはクレジットカードにて支払ができます。台湾に到着したばかりで現地通貨がほとんど無い、という場合でも、クレジットカードを使って支払ができる点は安心できます。

空港カウンターで取扱ってているSIMカードは、レギュラーサイズのみとなっていたため、microSIMあるいはnanoSIM対応端末で利用する場合、SIMカードを物理的にカットして小さくする必要があります。SIMカードのカットもカウンターのスタッフにお願いすることができます。

台湾之星のプリペイドSIMでデータ通信を行うためのAPN設定は以下になります。

[APN設定]
APN:internet または viboone
ユーザ名:なし
パスワード:なし


筆者が台湾之星を利用した機種は、SIMフリーの「GALAXY Note 3」(SM-N9005)で、SIMカードを入れるとすぐにデータ通信が利用可能となりました。前回紹介した亞太電信のプリペイドSIMでは、登録手続からデータ通信が有効となるまで15分 〜 20分程度の時間を要したため「買ってすぐに使える」という点では台湾之星のプリペイドSIMが便利です。

データ通信はすぐに利用可能に、テザリングもok

台湾之星が利用している周波数帯はW-CDMAの2100MHz帯(B1)となっているため、SIMロックを解除したドコモ端末や、SIMフリー仕様で販売されている「Nexus 5」「Nexus 6」など、多くの機種でサポートされています。

台湾之星のプリペイドSIMは、4G LTEに非対応となっていますが、台北に滞在中に速度面でストレスを感じたことはありません。音声通話にも対応している上、通信量も無制限となっていることから「台湾の現地通信費を安くしたい」と考える方には嬉しい選択肢と言えるでしょう。

また、桃園空港内のプリペイドSIMカウンターは時間帯によってかなり混雑することがありますが、台湾之星のプリペイドSIMカウンターはあまり混雑しているのを見かけたことが無いので、入国後に販売されている中華電信、台湾モバイル、遠傳電信などのプリペイドSIMカードと比べると、行列に並ばずに購入できることも大きいかもしれません。

【参考サイト】
台灣之星の公式サイト


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑