NTTドコモ、PlayStation Certified対応スマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ及びソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは14日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)が提供するライセンスプログラム「PlayStation Certified」に対応し、ゲームを楽しむためのゲームキーパッドを搭載したAndroid(アンドロイド)スマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を発表した。

Xperia PLAYは、Androidスマートフォンとしての一般的な使い方ができるほか、ゲームパッドを活かし、多種多様なゲームアプリを携帯ゲーム機さながらの操作性で楽しむことができる。特に、PlayStation Storeでは、初代プレイステーションの名作ゲームをダウンロードすることが可能なので、往年の名作をスマートフォンで手軽に遊べる点は嬉しい。

もちろん、PlayStation Store以外のマーケットからゲームアプリをダウンロードして楽しむこともできる。さらに、Xperia PLAY用に最適化されたゲームはなにもPlayStation Storeでの配信に限定されているわけではない。Android Marketや、各ゲームメーカーの独自サイトなどからも入手可能だ。

「クラッシュ・バンディクー」や「みんなのGOLF 2」など5タイトルが予めプリインストールされているので、新たに手を出さずとも、購入直後からこれらのタイトルを楽しむこともできる。

端末の仕様は、OSがAndroid 2.3、ディスプレイは4.0インチTFT液晶で、解像度は854×480、プロセッサは米Qualcomm製Snapdragon MSM8255 1GHz、内蔵メモリは512MB RAM、1024MB ROM、端末のサイズは約120×62×16.4mmで、重さは約175g。ゲームパッドはスライド式となっており、十字キー、△○×□ボタン、タッチパッドなどを搭載する。


カメラは背面に有効画素数約510万画素、前面に同約30万画素のものを採用。

ネットワークでは、FOMAハイスピードエリア内での下り最大14Mbpsの高速通信にも対応する。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠で、Bluetooth(2.1+EDR)もサポート。spモード、ドコモマーケット、テザリング、WORLD WING(3G+GSM)、緊急速報エリアメールなどにも対応する。赤外線通信、ワンセグ、おサイフケータイには非対応。

カラーバリエーションはブラック1色の展開。

発売は10月~11月の予定で、事前予約は10月中旬以降に全国のドコモショップで受付が開始される予定。予約受付開始日は決定次第、ドコモのウェブサイト上で公開される予定。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑