Google、Android Marketに新機能搭載。自分の端末で動くかどうか一目でわかる表示を各アプリページに追加

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米GoogleはAndroid Market(アンドロイドマーケット)のウェブ版において新たな機能を追加した。Google アカウントでログインした状態でAndroid Market上の各アプリのページにアクセスすると、そのアプリが自分の持つAndroid端末で動作するかどうか一目で判断できる表示が加わった。従来であれば、アプリが自分の端末で動くかどうか判断するには手間が必要だった。ページ右サイドに記載された「ANDROID 要件」から動作するバージョンを判断するか、アプリの紹介文中に該当する記述があるかどうかを探すしかなかった。しかし、それらの煩わしさは解消される。


上図のように、アプリのタイトル/アイコンが表示されている枠の下に小窓が用意され、そこに保有端末の対応状況が掲載される。同一アカウントで利用している複数の端末がある場合は、「+」をクリックすると、その全ての対応状況をまとめて知ることができる。

例えば上図の例だと、オクトバのアプリは現時点では「Motorola XOOM Wi-Fi TBi11M」は非対応であることがわかる。

なお、この機能は今のところウェブ版のAndroid Marketにしか搭載されていない。

【情報元、参考リンク】
Android Market
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑