Motorola、Android 3.0(Honeycomb)搭載タブレット「Xoom」を発表。2011年第1四半期にリリース

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Motorola Mobilityは現地時間5日、米ラスベガスで6日から一般公開される世界最大の家電見本市「CES 2011」のプレスカンファレンスにおいて米通信事業者Verizon Wireless向けのタブレット端末「Motorola Xoom」を発表した。Motorola XoomはVerizon Wirelessから2011年第1四半期に販売開始となる。

搭載されるOSは米Googleが開発するAndroid OSの次期最新バージョン3.0(開発コード「Honeycomb」)。同社はここ数週間、Motorola Xoomのことを革命的な製品としてティザー動画を公開し、PRに努めてきた。Android 3.0は確かに従来のAndroidタブレットとは一線を画したユーザー・エクスペリエンスを提供してくれる。

ハードウェアのスペックはAndroid 3.0搭載タブレットとしては今後の標準クラスになるかもしれないが、CPUはNVIDIA Tegra 2デュアルコア1GHz、ディスプレイは10.1インチ液晶、解像度は1,280×800、内蔵メモリは1GB、ストレージは32GB、カメラは背面に5メガピクセルのメインカメラ、正面に2メガピクセルのインカメラを装備。動画は720pの撮影/再生、1080pのフルHD動画の再生をサポート。HDMI出力端子を備えるので、テレビなどの大型スクリーンに映像を映し出すこともできる。

対応回線は最初の発売時は3Gのみながら、2011年第2四半期に4G LTEへのアップグレードが可能とされている。ただし、これは後付けのハードウェアを用いることで実現するようだ。Wi-FiはIEEE802.11b/g/nをサポート。Bluetoothは2.1+EDRに対応し、HIDプロファイルもサポートする。これにより、Bluetoothキーボードなども快適に使えるはずだ。

端末のサイズは249.1×167.8×12.9mmで重さは約730g。バッテリー周りに関しては、連続10時間の動画再生が可能ということだ。

AndroidブログメディアAndroid Centralによる端末写真

下はPR動画。



【情報元、参考リンク】
Motorola/CES 2011 Are You Ready?
Android Central/Motorola Xoom will require hardware upgrade for 4G, software patch for microSD use
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑