McAfee、Android端末向けセキュリティサービス「スマートセキュリティ powered by McAfee」の提供を開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
マカフィーは10日、Android端末向けのセキュリティソリューション「McAfee VirusScan Mobile for Android(マカフィー ウイルススキャン モバイル フォー アンドロイド)」の提供を開始した。実際には、McAfee VirusScan Mobile for Androidはソフトバンクモバイルが販売を手掛けるAndroid端末のユーザー向けに「スマートセキュリティ powerd by McAfee」として提供される。日本市場への投入が開始されたとはいえ、現時点ではソフトバンクのユーザー向けになる。

対象端末はソフトバンクで販売されている各Androidスマートフォン。アプリはAndroid Marketから入手できる。

スマートセキュリティ powered by McAfeeはまず、12月10日からソフトバンクの「スマートフォン基本パック」、「スマートフォン法人基本パック」(ともに月額498円)のサービスの1つとしてスタートする。将来的にはスマートフォンセキュリティ powerd by McAfee単体での提供も予定されており、2011年3月に開始される見込み。

このセキュリティソリューションはマカフィーにとっても初のAndroid向けサービスになる。

Androidは米AppleのiPhoneと比較してアプリマーケットのオープン性が高い分、セキュリティ面の弱さが指摘されている。それだけにマルウェアが存在できる余地があり、実際に複数の該当アプリが発見されている。これまでのところ、全世界的に甚大な被害をもたらした例はまだない。しかし、今後に関してはセキュリティ面はプラットフォームの発展における懸念点の一つと考えられている。

マカフィーだけでなく、他のセキュリティソフトウェア企業もAndroid向けソリューションの開発に取り組んでおり、2011年には多数の選択肢が出てくるはずだ。

マカフィーはスマートセキュリティ powered by McAfeeの提供にあたり、同社のモバイルエンジニアリング・プログラムマネージャー、石川克也氏の次のコメントを発表している。

「セキュリティの観点で見たスマートフォンは、もはや携帯電話やスマートフォンという別カテゴリーの商品ではありません。PCと同様に、インターネットアクセスにおける主要なエンドポイントの1つとしてとらえるべきであり、ユーザーと一緒に付いて回る脅威に対しては、利用場面に応じたセキュリティ対策が必要です。サイバー脅威は常に進化しており、新種のマルウェアはいつ発生するかわかりません。ユーザーは、マカフィーのVirusScan Mobileテクノロジを搭載されたスマートフォンを使用することで、急速に変化しつつあるモバイル環境に対しても、自分のモバイル生活を安全に拡張していくことができるでしょう」

VirusScan Mobileテクノロジは、インストールされたソフトバンクのAndroid搭載端末をマルウェアから防護し、個人情報の安全を確保し、外出中でも重要な通信機能が正常に動作するよう機能させるもの。また、自動アップデート機能を搭載しており、新たな脅威が見つかると即時にモバイルデバイスを防護する。

【情報元、参考リンク】
マカフィー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑